無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

改めて。




怖い。


稲荷崎の皆になんて思われるんだろ。


アラン先輩達はどう思うんだろ。


"地味"だからマネージャーになったのに……
北信介
北信介
ほな、行こか。大丈夫やで、彼奴らは受け入れる器ある。安心しぃや?


私の腕を引っ張り、みんなの元へ。



……。



大丈夫。大丈夫ッ


_________凪side





頑張って。あなた。






私は私でクロたちの元へ
黒尾鉄朗
黒尾鉄朗
あの子、あなたちゃんだったっけ。大丈夫なのか?
凪
あなたは大丈夫。後でちゃんと紹介するね!
白福雪絵
白福雪絵
もしかして、あの子ピノちゃんっ?!
凪
雪絵さん、シーですよ?
白福雪絵
白福雪絵
わっ、分かりましたっ!


雪絵さんはピシッと敬礼をしたw

本当不思議な先輩w






こっちは大丈夫だからね。あなた

安心してて。







________________


顔を隠さず、みんなの元へ着いた



ジッと見られて、中々話せないっ……

けどッけど!!
わたし
わたし
わ、私は元々東京に住んでいて…




話せっ。話さなきゃッ
わたし
わたし
東京の高校では嫌な思いを沢山しました。顔だけしか見ない皆に嫌気がさした。だから顔を隠して生活してました……。でもそんな中で唯一北さんにだけは見せてました。



声が震える。


皆は黙って聞いてくれている。
わたし
わたし
皆さんの……バレー部の主将北さんに救われた。北さんがいるバレー部皆も信じたいって信じてみたいって思う様になりました……。こんな形でバレて、アラン先輩達は地味だからって迎え入れたのにッ。本当に申し訳ありませんでした。



深く深く、頭を下げた










宮侑
宮侑
んなもんどうでもええねん
わたし
わたし
えっ
宮治
宮治
これから1番苦労するのはあんた自身や。



宮兄弟「覚悟するんやな」





いや、怖いこと言うじゃん…










稲荷崎高校
稲荷崎高校
俺らが守ったるから安心せぇ!
わたし
わたし
な、なんで…



みんなは何故か私の方に笑顔を向けていた
北信介
北信介
言ったやろ?大丈夫やって。




私の背中を北さんが押した…
北信介
北信介
んなら、改めてやな
わたし
わたし
ッ……!



そうだ、本当の私でっ。
わたし
わたし
夢原あなた。東京の新宿住みでした。ぶっちゃけ双子に負けないぐらいモテます。そしてめちゃくちゃ生意気な性格ですが……


みんなはニシシと笑っている
わたし
わたし
改めて、よろしくお願いします!
稲荷崎高校
稲荷崎高校
よろしく頼んますっ!




体育館に稲荷崎の声が響いた




やばい、怖かった…
北信介
北信介
よう頑張ったなぁ。神さんが見とってくれたんやな。


そう言って頭を撫でてくれた
わたし
わたし
そうだと良いですね。





でも、神様は1度私を見放した。





2度は無いと信じたい。







▷▶︎▷▶︎NEXT