無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

私は元気です


東京に来て4ヶ月が経ちました。



12月半ば。
マネージャー
マネージャー
あなた〜
わたし
わたし
はいはい。
マネージャー
マネージャー
何故かお前本人宛に依頼来てるぞ
わたし
わたし
依頼は今受けれないって分かってんでしょ?
マネージャー
マネージャー
お前本人宛にこんな金持ちが依頼してくるからチャンスだと思ってなあ!
わたし
わたし
ポンコツマネージャー。
マネージャー
マネージャー
ごめんって!ほらほら、撮影あるんだからスマーイル!スマイル!





何をやってるかって?




『あなたちゃーん!おねがいしまーす!』



わたし
わたし
はーい。



『あなたちゃんいいねぇ!』


カシャッ


『次はクールに!おっ!そうそう!いいよぉ!』


カシャッ






私は母親が入っていた事務所に入り


芸能界デビューしました。



どうしてこうなったのかと言うと


インタビューに映った私の事を見て事務所の社長は

すぐに私が母である星空月詠の娘だと分かって
学校へ連絡。そして監督から北さんへ話がいった



実際こんな事ある?って感じだったけど


事務所の社長からは

「君のお母さんは素晴らしい人だった。君をいつか女優にしてあげたいと良く語っていた」と話してくれた。



そこから、前使っていた携帯は危ないからと
新しいスマホを用意されlineにはマネージャーと社長しか登録されていない。




つまり、私の友達は誰もいない。


親友である、凪の連絡も、愛佳の連絡も。





でも、社長への不信感は深まるばかりだった。




そしてその不信感はあっさりと完全なる不信へと


変わる。





わたし
わたし
あれ?マネージャー?


事務所へ戻ると私の部屋である場所にマネージャーは居なかった。



わたし
わたし
社長室かな?


向かっていると。




「これあなたに見せたのか?」
マネージャー
マネージャー
いえ!見せていませんっ。


「皇徳寺凪はあなたの親友だぞ!この依頼がバレたらあなたはここの事務所を出ていくだろッ!お前はそれを分かってんのか!!」




皇徳寺凪?
マネージャー
マネージャー
ですが!この依頼を受ければかなりの報酬が手に入りますっ!!



報酬……


「あなたが居なくなったら元も子もないだろ!ましてや、皇徳寺財閥……流石にうちも隠しきれんッ」



何を隠すの?



モヤモヤしたまま、12月が終わろうとしていた。






▷▶︎▷▶︎NEXT