無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

迷惑。




愛佳の様子がおかしくなってから1週間

休み時間に話しかけても
雪薗愛佳
雪薗愛佳
教科書忘れてもうた…!借りてこよ〜




何度もこういう事があった。



同クラ女「最近愛佳あなたちゃんに対して酷ない?」


同クラ女2「ほんまよな。あなたちゃん可哀想」



なんてヒソヒソ話が聞こえてくる……
宮治
宮治
あなた
わたし
わたし
…なに。
宮治
宮治
どうしたん


気にかけて話しかけてきた
わたし
わたし
どうもしてない
宮治
宮治
嘘やな。絶対愛佳となんかあったやろ


そのなんかが分からないんじゃん…
角名倫太郎
角名倫太郎
最近避けられてない?


倫太郎からの直球が飛んできた
わたし
わたし
そんな事私が1番知ってる!!


大きい声で言ってしまい、クラスの目が私に集まる










なんで愛佳は何も言ってくれないの。

馬鹿でしょ
宮治
宮治
落ち着きぃや。とりあえずちゃんと愛佳と話すんやで
わたし
わたし
うん。分かってるの。


でも、愛佳はいつもいつも逃げる。













放課後



教室には私と愛佳だけ。

わたし
わたし
愛佳、一緒に…
雪薗愛佳
雪薗愛佳
ごめん!私寄る場所あんねん!
わたし
わたし
なら私も行く
雪薗愛佳
雪薗愛佳
え?いいよ!大した用事ちゃうし!
わたし
わたし
なら余計私が付いて行っても!
雪薗愛佳
雪薗愛佳
迷惑やねん。
わたし
わたし
え?



待って…今迷惑って言われた…?
雪薗愛佳
雪薗愛佳
なんで素顔見せたんよッ。なんでなん!
見せないって最初話してたやん!
わたし
わたし
それはっ……
雪薗愛佳
雪薗愛佳
凪ちゃんの約束を守る為?
私の気持ちは知らん振りなん?
わたし
わたし
え、なんでそこで凪が出てくるのよ。
雪薗愛佳
雪薗愛佳
私がどういう気持ちで過ごしとるか分からんくせに!


分からんくせにって。


分からないに決まってるじゃん。
だからこうして心配で……
わたし
わたし
愛佳、自分の気持ち私に伝えた?
雪薗愛佳
雪薗愛佳
ッ…
わたし
わたし
ねぇ、それが本心なら最初から言っても良かったんだよ。私と関わって迷惑かけたならごめん。でも、凪と比べるのは違うと思う。愛佳は愛佳でしょ。
雪薗愛佳
雪薗愛佳
迷惑…



再び言われる"迷惑"
雪薗愛佳
雪薗愛佳
あなたと居るん辛いねん!!
もう迷惑やから関わらんといて!




愛佳はバッと教室を出て行った
わたし
わたし
そうだったんだ…








予想以上な答えが愛佳の口から出て



ショックだった。
わたし
わたし
迷惑だったんだな…あはっ……おかしぃ






やばいっ…


身体中が震える…
わたし
わたし
失いたくない物が増えるのはやっぱ
覚悟いるもんだなっ……




ゆっくり教室を出て体育館へ。




少しだけ眺めて、すぐに体育館から去る




_____________侑side







なんか、体育館の入口にあなたが佇んどる



そしてゆっくりと体育館に背を向けて離れてった
宮侑
宮侑
アイツなにしてんねん。
宮治
宮治
なにがや?
宮侑
宮侑
あなたがおったんよ。
宮治
宮治
え?どこどこ?




余りにも無表情だった彼女の顔が頭から離れん
宮侑
宮侑
ちょ、あなたの様子見てくるわ。


そう伝え走って体育館外へ向かう
宮治
宮治
おい!ツム!部活どうすんねん!!!
北信介
北信介
どうしたん?
宮治
宮治
なんか最近あなたの様子おかしくて、ツムがあなた追いかけてもうたんです…
北信介
北信介
マネージャーは保留でもうちのマネージャーには変わりない。
宮治
宮治
あいつに任せて大丈夫やろか……
北信介
北信介
大丈夫や。練習すんで










▷▶︎▷▶︎NEXT