無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

北さんの為?



いつも通り放課後HRが終わると同時にあなたは1番に出ていく


雪薗愛佳
雪薗愛佳
こらっ!あなた!待ちぃ!!


そんな声を無視して走って出ていく


女子「最近夢原さん急いでどこ行っとん?」
雪薗愛佳
雪薗愛佳
バレー部の北さんに会いに行ってんねん

女子「えぇ!?北さんってあの北さん?!」
雪薗愛佳
雪薗愛佳
せやで。聞いてどうすんねん

女子「地味子やから相手されんやろ?」

女子「なんか可哀想やんかぁ…」
雪薗愛佳
雪薗愛佳
別にお喋りしとるだけやからなんの心配もいらへん。
女子「そうなん?好きとかやないん?」
雪薗愛佳
雪薗愛佳
ちゃうで
女子「でもほんま地味子は安心して見てられるわ〜」
雪薗愛佳
雪薗愛佳
宮ツインズもとられんし安心やな(棒)

女子「あっ!でも3年の佐倉先輩には気をつけなあかんで!」
雪薗愛佳
雪薗愛佳
佐倉?誰なん

女子「高1の時から北さんの事好きなんやて!」


ほうほう。

女子「でも地味子やしなんの心配もいらんやろぉ!」
雪薗愛佳
雪薗愛佳
そうだとええねんけど…



____愛佳side終わり


北さんもう居るかなー?


私は体育館を覗くと……
尾白アラン
尾白アラン
なぁ!!!お願いがあんねんっ!


ビッックッ


アラン先輩が目の前に居た…
わたし
わたし
な、なんでしょうか…
尾白アラン
尾白アラン
マネージャーやってくれへん?!
わたし
わたし
な、なぜ…
大耳練
大耳練
そんながっついて頼む事かいな〜
尾白アラン
尾白アラン
でもでも、流石に合宿するってなったら必要やろ!!
赤木路成
赤木路成
あなたちゃん頼んますっ!北を助ける為と思って!



き、北さんを助ける為に……
北信介
北信介
そんな大男が女の子囲んで何してんねん


3人「ギクッッッ」
尾白アラン
尾白アラン
と、とりあえず考えとってな!
北信介
北信介
何をやねん



3人はスーーーーーーっと体育館の中へ逃げて行った
わたし
わたし
・・・。(北さんを助ける為、北さんを助ける為)
北信介
北信介
なぁ、なんの話してたん?
わたし
わたし
ッ!


北さんは俯いた私の顔を覗く様に見てきて目が合った
北信介
北信介
ほんま綺麗…
わたし
わたし
や、やめてよ……はずいっ……


そう言って照れていると
北信介
北信介
こっちまで恥ずなるやん…


北さんは口に手を当てて照れた顔を見せた…







雪薗愛佳
雪薗愛佳
なにしてん……お見舞いか
わたし
わたし
違うわ!!後ビビらすな!
北信介
北信介
愛佳ちゃん声ぐらいかけてや…
宮侑
宮侑
きったさーーーーーーん!!!


ゲッ、また来た
宮侑
宮侑
なんやまたおんのかい。
わたし
わたし
黙れ。
宮侑
宮侑
猫被りにも程があんねん!
ずっとその口調で喋れや!雌豚!
北信介
北信介
女の子に雌豚ゆーたらあかんやろ?
わたし
わたし
本当だよ。ばーか
宮侑
宮侑
北さんが味方に付くからって調子のんなや!!
北信介
北信介
こら、侑。やめりぃ。
宮侑
宮侑
は…はい……





なんで侑くんはこんな言い合いしてるのに
顔が気になんないんだろ。


女にキャーキャー言われてる身分だし

そりゃ、そうか……。











▷▶︎▷▶︎NEXT