無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

ご飯への執着心
雪薗愛佳
雪薗愛佳
なぁ!あなたー!
わたし
わたし
んー?
雪薗愛佳
雪薗愛佳
あなたとまだお泊まり会してへん!


いきなり愛佳はそんな事を言い出した
わたし
わたし
確かに1回もしてないね!
雪薗愛佳
雪薗愛佳
やから今日泊まり行ってもええ?
わたし
わたし
急だけど良いよーう
雪薗愛佳
雪薗愛佳
やった!こん前あなたのお弁当拒んだから食べてみたかってん!毎回お弁当美味しそうやもんなあ✨
宮治
宮治
えっ、あなたってお弁当自分で作ってるん?!
わたし
わたし
うおっ……会話にいきなり入ってこないでよ
雪薗愛佳
雪薗愛佳
せやで!しかもめちゃくちゃ美味しそうなんよ!
宮治
宮治
おお!!✨俺も食うてみたい!!


治は目をキラキラさせて言う…
わたし
わたし
普通の料理だよ?凝ったもの作ってないし
宮治
宮治
シンプルイズベストやん!
雪薗愛佳
雪薗愛佳
勉強出来んのによう頑張ったな!
宮治
宮治
まあな!ドヤッ
雪薗愛佳
雪薗愛佳
あ、明日治部活やろ?お昼ご飯うちらで届けるんどう?
わたし
わたし
えっ?!部活に?


今日が金曜で、明日土曜…まあ、良いけど
わたし
わたし
治迷惑じゃない?
宮治
宮治
ぜんっぜん!寧ろお願いします!


めっちゃ嬉しそうに言ってきた
宮侑
宮侑
おーい。サム部活行くで
宮治
宮治
今行くわ!ほな明日頼むで!!
わたし
わたし
分かったー



エナメルバッグを待って侑の方へ
宮治
宮治
また明日な!
宮侑
宮侑
なにゆうてん!明日土曜やで?!
宮治
宮治
ツムはよ行くで!!



ガヤガヤ会話しながら教室を出てった
雪薗愛佳
雪薗愛佳
治って分かりやすい性格しとるよな!
わたし
わたし
ご飯に目がない感じだよね〜
雪薗愛佳
雪薗愛佳
え?そっち?
わたし
わたし
え?どっち?


よく分からないけど、愛佳と帰る


途中で愛佳の家へ寄って、私の家に
わたし
わたし
私の家ここ
雪薗愛佳
雪薗愛佳
え!一軒家なん?!てっきり引越してきたからマンションかと思うてた!
わたし
わたし
まあ、一応お有名な父さん学者なんだよね
雪薗愛佳
雪薗愛佳
パパ凄いやんんん!
わたし
わたし
自慢のお父さんなんだ!とりあえず、中入って〜!




ガチャッ
雪薗愛佳
雪薗愛佳
お邪魔します!って!えええ!!!
めっちゃ幻想的っー!


家具はお母さんが好きだった、星や月。

宇宙をモチーフにした物ばかり。
雪薗愛佳
雪薗愛佳
かわええ……!!
わたし
わたし
ふふ、楽しそうね
雪薗愛佳
雪薗愛佳
楽しいっ!



私の部屋は2階
雪薗愛佳
雪薗愛佳
えっ!広!
わたし
わたし
まぁ、一人っ子だしなぁ…



愛佳と色々話し、ご飯食べて、お風呂
雪薗愛佳
雪薗愛佳
ふぅ!お風呂お借りしました〜!
わたし
わたし
いいえ〜!



愛佳は写真立てをみて
雪薗愛佳
雪薗愛佳
あなた、これってあなたのお母さん?
わたし
わたし
あっ
雪薗愛佳
雪薗愛佳
めっちゃ綺麗な人やな!でも、どっかで見たこと…
わたし
わたし
星空月詠
雪薗愛佳
雪薗愛佳
え?!待って!!星空さんって……
雪薗愛佳
雪薗愛佳
めちゃくちゃ有名だった女優さん…
わたし
わたし
そう。それが私のお母さん
雪薗愛佳
雪薗愛佳
確か…病死って…
わたし
わたし
うん。私を取るか捨てるかの2択。
お母さんは私を選んだんだよね
雪薗愛佳
雪薗愛佳
あなたがこんだけ強い理由が分かるわ。
お母さんにほんまよう似とる
わたし
わたし
性格も顔もお母さん譲り。誇りだよ。
さっ、今日は寝よ!



ダブルベットだから2人余裕ではいる
 
部屋を真っ暗にして寝る体勢
雪薗愛佳
雪薗愛佳
なぁ
わたし
わたし
ん?



愛佳は真っ暗な中話しかけてきた
雪薗愛佳
雪薗愛佳
うちも片親やねん。やから寂しなったらいつでも言うてな。いつでも駆け付けたる
わたし
わたし
お母さん?お父さん?
雪薗愛佳
雪薗愛佳
お母さんやで。でも夜職しとるからほぼ夜は1人やねん
わたし
わたし
夜職大変だね。お母さんも必死で愛佳の為に頑張ってるんだ。
雪薗愛佳
雪薗愛佳
そんなお母さんが大好きや。



お互い親の話をして、似た者同士だねって
笑い合っていつの間にか眠りについた。





__________オマケ、治side







宮治
宮治
ただいま〜
宮侑
宮侑
オカーン腹減った〜
お母さん
侑ただいまぐらい言いや!
宮侑
宮侑
ただいま〜




手を洗って飯を食う
宮治
宮治
美味い!部活終わりの飯がいっちゃん美味い!
お母さん
ちゃんと噛むんやで?
宮治
宮治
わかっとる!!
宮侑
宮侑
お前いつかブタなんで
宮治
宮治
食うとる分動いとるからならんわ


モグモグ食べてると





明日お弁当…
宮治
宮治
あっ!明日部活用の弁当いらんで!
お母さん
そうなん?侑は?
宮侑
宮侑
え、俺はいるで?
宮治
宮治
俺だけ要らんねん!
宮侑
宮侑
なんでなん?!ついにダイエットか!
宮治
宮治
いや、明日お弁当あんねん✨
お母さん
あら〜?その嬉しそうな顔!
女の子に作って来てもらうんやろ!
宮治
宮治
まぁ、そんなとこやな!
宮侑
宮侑
はぁ?誰にやねん!
宮治
宮治
うっさい!はよ食べろや!冷めたら旨み減るやろが!
宮侑
宮侑
あぁ!!分かった!あなたに作ってきてもらうんやろ?!そうなんやろ?!なあ!!!サム!おい!
宮治
宮治
はよ食えや。喧しいな
お母さん
あなたちゃんって子が2人好きなん?ニヤ
宮治
宮治
ングッ……ゴホッゴホッ
宮侑
宮侑
ブッッ
お母さん
分かりやす…あなたちゃんお気の毒になぁ……こんなんアホらに捕まって。
宮侑
宮侑
アホはサムだけや!
宮治
宮治
アホはツムやろ
お母さん
はいはい。そのあなたちゃんにはちゃーんと優しく紳士にするんやで?どっちかがこの家に連れて来るん楽しみにしとるで!
宮侑
宮侑
ふっ、俺やな
宮治
宮治
いや、お前はない
お母さん
(この2人に挟まれるあなたちゃんほんまお気の毒やわぁ……)









▷▶︎▷▶︎NEXT