無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロフィール+本編
わたし
わたし
profile。
名前▶️夢原(ユメハラ)あなた
身長▶️156cm
体重▶️ご想像にお任せ!
学年▶️高校2年生
住み▶️東京
悩み▶️人間関係面倒い。
凪
profile。
名前▶️凪(ナギ)
身長▶️160cm
体重▶️ご想像におまかせ!
学年▶️高校2年生
住み▶️東京
悩み▶️あなたに溺愛し過ぎて辛い


基本登場人物。



北さん 宮ツインズ 角名くん 赤木くん

です!


※誰オチか秘密、読んでればすぐ分かります←
関西人ではないのでネットで調べながら書いて行きますが、変なところありましたらバンバン指摘してってくださいませ₍ᐢ.ˬ.ᐢ₎



では!本編スターーーーーーーーーー(((((



START→→→





「好きです!付き合ってください!」
わたし
わたし
ごめんね。興味なーい





いつも決まって呼び出し
凪
懲りないよね〜あなたに告白とかさ
わたし
わたし
凪〜本当に面倒臭い変わって〜
凪
変わってやりたいのは山々なんだよな



いつもいつも告白されては

「俺モテんのになんで付き合わないんだよ」


「可愛いからって調子乗ってるよねー」


「私○○君好きだったのにッ……」


「ぶりっ子。まじできもーい」




本当にだっっっる
わたし
わたし
あいつら死なねぇかな
凪
まぁまぁ。可愛い顔が台無しになっちゃうから怖い顔しないでぇぇ


ギュゥゥ
わたし
わたし
凪だけだよ。こんな言ってくれるの
大好き
凪
やだあぁ//凪あなたに惚れちゃう♡
わたし
わたし
も〜はいはい〜クスッ



そして私の笑顔を人が見る度


「笑顔可愛いいっっ!!」

「俺頑張って告白しちゃおっかな?」

「でもあなたちゃんって本当に可愛い!」


男も女も虜になってしまうのだ。

わたし
わたし
本当に学ばない奴ら。



でも、ある日3年の男の先輩から性的暴行を受けた




本っ当にあほみたい
凪
あなたッ……私が居ながらごめんねッ…

流石に男の力に敵わないのは知ってる。

凪が悪いんじゃない

弱かった私が悪いんだ


その日から私はボクシング、合気道を習い絶対に
誰にも屈しないと決めた






そしてそれから少し経った頃

お父さんから
「転勤が決まって、兵庫に引っ越すことになった」
そう告げられた。


別に東京なんざに未練はない
わたし
わたし
凪。私引っ越すことになった

そう。凪だけが気がかりで。


凪は笑顔で私に
凪
いつか絶対にまた会おう!
どこに居ても私らは親友。


そこから1週間凪とは沢山思い出を作った



ショッピング行ったりカラオケ行ったり
街中で撮影を頼まれて2人で雑誌にも載ったな〜


そして最後の日
凪
あなた!今日が最後。
あなたにね、提案があるの!
わたし
わたし
なに?
凪
この学校では辛い思い出しか残ってないと思うんだ。私との思い出を抜いてね。
だからね!高校デビューならぬ。
逆高校デビューしない?!
わたし
わたし
なにそれ〜ふふっ
凪
高校デビューの逆よ!!逆!
わたし
わたし
地味子になるって事ー?
凪
そう!もうね、もう……あなたには
辛い思いしてもらいたくッ……ないんだ
わたし
わたし
ちょっ…凪っ…
凪
ねッ…?お願いッ……。
あっちにはもう私は居ない…
わたし
わたし
うんッ…分かった。
だからもう泣くなよ…


ギュッと抱き締めお互いに泣いた。



凪は人の倍より責任感が強い。

守れなかった事を悔いて私に提案をしたんだと…

だから逆高校デビューしてやる。





_____空港
わたし
わたし
変じゃないかな?
凪
ん〜可愛さは残ってるけどやっぱ地味ね!
わたし
わたし
凪がしろって言ったんだからな〜?

頬っぺをツネってそういう
凪
でも、それにメガネと前髪下ろしたら本当に地味だと思うから大丈夫!!
わたし
わたし
ん。なんか地味って言われてホッとした




ドンッ
わたし
わたし
ビクッ


振り向くと男性のサラリーマンが通りがかりで
ぶつかっただけみたい
凪
だ、大丈夫…?
わたし
わたし
大丈夫。私もう強いし!

最後に不安な顔見たくない。
わたし
わたし
凪、何かあったらすぐ連絡しろよ。
うちらは親友。家族よりも深い絆がある。
凪
うん。あなたもね。
毎日連絡するからっ。
わたし
わたし
うん、待ってる。じゃー行くね。


そう言って手を離し背中を向けエスカレーターに乗る


少しずつ少しずつ遠くなる
凪
あなたッッ!! どんなに離れてても大好きだからっ!ずっとあなたの味方だからね!!わっ…私の事忘れないでねぇぇ!!!


最後に見たい顔は泣き顔じゃないっつーの…





馬鹿だな。凪はッ

そんなん私だって泣きたくなるじゃんっ…


こうして、東京での生活が終わり新しい生活が始まる






▷▶︎▷▶︎NEXT