無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

退院




医者「うん。もう大丈夫そうですね。退院おめでとうございます!」


私は2週間後退院し、空港。
凪
あなたとお別れかぁ……

なんて私の荷物を持ちながら凪は言う。



お父さんは海外にいるため凪のお父さんが保護者になってくれた。お父さんには申し訳ないけど、事故の事は言わなかった
わたし
わたし
すぐに会えるじゃん。飛行機でひとっ飛びよ!
凪
あなた…今回は何も言わない。
あなた自身でちゃんと高校生活送ってね


凪は真剣な顔
わたし
わたし
凪も音駒で楽しい生活をね?
私も凪に遠慮しないで楽しく過ごしてやるからさあ!
凪
うん!写真とか沢山送ってね!
あと、北さんの事ファイトっ!
わたし
わたし
やっ、やめてよね!
凪
照れたあなたかわいいい♡
わたし
わたし
うっさい!


他愛もない会話をしていると時間に
わたし
わたし
んじゃ、そろそろ行く!


ギュッ
わたし
わたし
凪?
凪
幸せに……なれよっ!!


抱き着いたと思ったらすぐ離れ背中を押された

振り向くと、昔の頃と同じ笑顔…
わたし
わたし
幸せになって帰ってくる!行ってきますっ!

私も笑顔で
凪
行ってらっしゃい!



こうして、私の長い長い…東京遠征は幕を閉じた






北さんに連絡しとかなきゃ…

わたし
わたし
✉北さん、今日1時頃に空港着くよ
北信介
北信介
✉了解。1時前には着いとるはずやから、安心して帰ってきぃ。


うん。本当に安心して帰れるよ…。



約4週間振りの北さんにワクワクする。
楽しみでソワソワしつつも寝た()






【まもなく着陸致します】
わたし
わたし
あっ…寝てた。

アナウンスと同時に目が覚めた


スマホを見てみると

北信介
北信介
✉あなたから見て出口の椅子に座っとるから
わたし
わたし
✉寝てた!こちらはもうすぐ着陸する!



「わかった」


と返信が来て、少しドキドキしてきた。
わたし
わたし
久々に会える…















そして空港へ着陸し、荷物を受け取り出口へ

わたし
わたし
北さんっ


北さんは私の顔を見て
北信介
北信介
ほんま無事でよかった。
あなた、おかえり


久々の北さん。やっぱり優しくて暖かい……





北さんに向かって走り思いっきり
わたし
わたし
北さんっ!


ギュッ
北信介
北信介
うおっっ。
わたし
わたし
ただいまっっ!



久々に会えて本当に嬉しい
北信介
北信介
そんな動いて平気なんか?
わたし
わたし
うんっ!あれがもしも普通車だったりトラックだったら大惨事らしいけど、打ち所も悪くなかったみたいだし大丈夫だったよ!
北信介
北信介
でも、安静にしぃや?


抱き着きながら、会話してるのに北さんは照れたりしない。なんなら大きく包み込んでくれる
わたし
わたし
大丈夫!私めちゃくちゃ元気だし!
でも、ちゃんと安静にはする!
北信介
北信介
いい子や


そう言って私を下ろし、頭を撫でてくれた。






〜〜♪
わたし
わたし
北さんスマホ鳴ってますよ?
北信介
北信介
あ、侑からや。ちょっと出てもええ?
わたし
わたし
待ってる!





北さんは電話で、「だめや。」とか「待っとれ」
などなど……繰り返してる
北信介
北信介
ほな切るで。 ………………全く…


呆れ顔をしてる
わたし
わたし
どうしたの?
北信介
北信介
侑らが空港行きたいって騒がしいから部活あるからだめやって話してたんよ。
わたし
わたし
あぁ〜…



なんかあの二人が騒いでるイメージ出来る。



特に侑くんは。。
北信介
北信介
ほな、ちょっとだけ学校に顔見せるか?
わたし
わたし
え?いいの?
北信介
北信介
まだ昼間やし、あなた時間あるなら。
わたし
わたし
私は時間あるよ!行こっ





北さんと空港からバス乗って、学校へと向かう








▷▶︎▷▶︎NEXT