無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

トラウマ


愛佳と教室へ戻ると



「見たいみたい!!!」

そんな声が聞こえてくる




ガラガラ



シーーーーンっと静まり返り女子達がこちらへ来る


女子「なぁなぁ!顔見せてー!」
わたし
わたし
えっ……。
雪薗愛佳
雪薗愛佳
ちょ、やめぇや。


女子「愛佳には関係ないやーん!」



バッと私の腕を引っ張られ
わたし
わたし
ちょっ……
雪薗愛佳
雪薗愛佳
やめろってゆーとるやろ!


愛佳が女子の腕を払う


女子「愛佳、地味子の顔見た事あるんやろ?」

雪薗愛佳
雪薗愛佳
えっ…


男子「見た事あるんや〜!」

女子「愛佳だけずるいやん。クラスメイトなんやし、顔ぐらい見せてや〜」




そう言って、愛佳を女子達が抑える…
わたし
わたし
愛佳ッ


男子「後は地味子だけやで〜。」

女子「観念しっ!!!」




バッと腕を捕まれた



手は出しちゃダメ…だめだよ…

相手は女の子っ手出せない。
わたし
わたし
ッ…やめて……


女子「ちょっ、地味子無駄に力強いんやけど!」


女子「男子も手伝ってやっ!!」

男子「任しときっ」



男子の力が加わって、後ろに倒れたっ


が、顔を下に向け見えないように抗った


女子「顔こっち向けろや!!ちょ、男子顔抑えて!」

男子「地味子さーん。ちょっと見せてくれるだけでええねん。」



そう言って、顔に手が伸びるッ
雪薗愛佳
雪薗愛佳
やめてやっっ!!!!!!
わたし
わたし
や……やめっ……



______脳裏にレイプされた日……


凪
やめてッ……あなたにそんな事しないでっ…!!


先輩「凪ちゃんそんな騒ぐと犯すぞ。」


わたし
わたし
やめろよ。凪には手出すなって


先輩「本っ当にお前いい女だよな…」



私の顔に手が伸びてきて
凪
やめて!やめて!やめてやめてやめてええええ!!!!!!!!!


犯された。汚れた。



凪はずっと下を向いて泣いていた…。

私にそんな価値ないのにな……





______


やばいっ…怖いっ……
角名倫太郎
角名倫太郎
やめなよ。



角名くんの声が聞こえる…

それと同時に抑えてた皆の手が緩くなる。
わたし
わたし
(今だっ…)



バッと走り出し



_______角名side



女子「あっ、逃さへんっ!」


雪薗愛佳
雪薗愛佳
あんたらいい加減にしぃや。

女子「あ、あんたは顔見とるからええやんっ」
角名倫太郎
角名倫太郎
あのさ、本当に夢原さんが可愛くなかったらどうするの?

女子「そ、それは……」

男子「角名もしかして地味子の事好きなんか〜?w」



すぐこうやって茶化してくる。
馬鹿なのかな。


角名倫太郎
角名倫太郎
男子あれ以上やってたら訴えられてたよ。


男子「え"っ、そうなんっ?!」


治の方を見てみると、なんかマズッたなって
顔をしていた
宮治
宮治
角名…ちょっと俺謝ってくるわ…
角名倫太郎
角名倫太郎
うん。



明らかに夢原さんの身体が震えていて、心配になった。


雪薗愛佳
雪薗愛佳
角名くん、ありがとう。
角名倫太郎
角名倫太郎
いや、当たり前の事しただけ。
それより雪薗さんは大丈夫?
雪薗愛佳
雪薗愛佳
私は大丈夫やけど、あなた心配や…


ふと不思議に思った。




角名倫太郎
角名倫太郎
なんで雪薗さんいきなり夢原さんと仲良くなったの?
雪薗さんは少し黙って




雪薗愛佳
雪薗愛佳
それは言われへん。ごめん。
角名倫太郎
角名倫太郎
そっか。分かった。


雪薗さんは教室を出て行きザワザワしているクラスメイトの声だけが教室に響いていた







▷▶︎▷▶︎NEXT