無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

1時間目バスケ
あなた

上がって上がって!!!!
シュート!!!!

あなたは今試合中
涼太
涼太
あなたヤバくね?
メッッッチャかっこいいんだけど…
これは惚れるわ…あっやべ!
玲於
玲於
思ったわ〜あの顔であの運動神経のギャップはヤベェ…
てか、涼太君も狙ってんの?
涼太
涼太
え。この際だから言うけど、俺あなたのこと好きだよ。誰にもゆずらない。
亜嵐
亜嵐
ちょっと待ったー!
それ俺もよして?俺も狙ってんの。
玲於
玲於
俺もだわ!
ライバル多すぎ…
あいつ自分で気づいてないけどメッッッチャモテてるからなぁ〜
涼太
涼太
本当に…普通の女子とはちょっと違うんだよね…そこが可愛いんだけど…
涼太
涼太
隼は?好きなの?
隼
ZZZZZ.....
亜嵐
亜嵐
寝とるんかい!笑笑
女子)そろそろ?いいんじゃない?