無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

病院
あなた

…ん?…あれ?どこ?

涼太
涼太
あっ!良かったーハァ
あなた本当に良かったー…
涼太
涼太
熱で倒れたんだよ…
ごめんな…俺あの時おかしなこと言って…
あなた

そうだったんだ

あなた

みんなは?

涼太
涼太
帰った…
俺は待ってたあなたが目を覚ますの
あなた

心の中)どーしよ!?
私今亜嵐とか玲於とか気にならない…涼太…ヤバイ…アッなに考えてんの!?

あなた

どーしよ!?

涼太
涼太
どーしたの?
あなた

今日体育館終わりにぶつかった女子に体育館裏の倉庫きてって言われてたんだった!

涼太
涼太
え。それ、多分俺ら4人のせいだわ…ウン。
あなた

なんで?

涼太
涼太
いや。なんでもない…
でもそれ行かない方がいい気がする
あなた

大丈夫だよ!!!!
明日退院したらすぐにその女子のところ行くし!

涼太
涼太
なんかあったら言えよ…
あなた

う、うん…
心の中)なにこれどーしよ私の気持ち揺れすぎ

亜嵐と玲於

あなた寝顔ハンパねぇ…ドキドキ💓