無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

涼太と亜嵐と玲於と隼
涼太
涼太
おつかれー
玲於
玲於
おつかれー
亜嵐
亜嵐
おつかれーさま!
隼
ZZZZZ.....
亜嵐
亜嵐
お前いつまで寝てんだよ!
隼!隼!起きろ!
あなた

あーちょうど探してたとこーオツカレー

あなた

お腹すいたー

隼
わぁぁぁぁ!!!!!!
何何何何????
涼太
涼太
目を覚ませ!
玲於
玲於
笑笑起きろってー
亜嵐
亜嵐
寝ぼけてんじゃねーよ
あなた

心の中)ドキドキ💓
ヤバイ…心臓もたない…

涼太
涼太
心の中)くそっ…あなたなに他の男にフラフラしてんだよ…
隼
あれ?あなた顔が赤い???
あなた

ソンナコトナイヨー!
心の中)ヤッバ!バレてんじゃん!

隼
一応測っとこうか?
隼はあなたとおでこをくっつけた。
あなた

い、いいよ!
心の中)ドキドキ💓

玲於
玲於
一応保健室行っときなよ!
亜嵐
亜嵐
うん。心配だしね…
あなた

小声)涼太!涼太!
ヤバイ…心臓もたない…ドキドキしすぎてる…

涼太
涼太
心の中)なんだよこいつ
本当に可愛い…他の男の話すんじゃねーよ
涼太
涼太
は?俺に言うなほっとけ…
心の中)怒っちゃった…ごめんあなた
あなた

え…?涼太