無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

次の日
亜嵐と玲於と隼とのギスギスした関係はどーなるのか。あなたはずっと心配していた。
あなた

ハァ…
またあの頃みたいに5人で遊びたいよ…

亜嵐
亜嵐
あっ!!!
あなたじゃん!久しぶり…
玲於
玲於
あー久しぶり…
隼
久しぶり
あなた

あっ久しぶり…ごめんねこの頃涼太とのことでギスギスしちゃって…

亜嵐
亜嵐
じゃあ困らせていい?
すると、あなたは亜嵐に抱きしめられた。
あなた

心の中)え?何?どーなってんの?

亜嵐
亜嵐
ごめんなんもない…
玲於
玲於
あなた俺がお前のことどー思ってるか気づけば?
隼
小声)2人とも…落ち着いて…可愛いし涼太君に嫉妬しちゃうのはわかるけどあなたに当たるのは違うよ?
玲於
玲於
ごめん抑えられない。
玲於
玲於
あなたごめん…
あなた

え…?

玲於はあなたにキスをした。
あなたは驚いて泣きながら逃げてしまった…