無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

保健室
涼太は行ってしまった…
隼
大丈夫だよ。
涼太君は優しいから…
亜嵐
亜嵐
取りあえず保健室連れてくよ
玲於
玲於
俺も!
隼
じゃあ2人でイッテキテー!
待ってるね〜。
心の中)涼太君変だった…この間に行こう
保健室にて、
玲於
玲於
失礼しまーす。
亜嵐
亜嵐
いないじゃん
あなた

本当だ…

あなた

心の中)それよリ心臓どーにかしてー!!!

あなたは亜嵐にお姫様抱っこされ、
玲於に誘導してもらってる
玲於
玲於
ほら、ベッドで寝ときなよ…
亜嵐
亜嵐
そだね…
あなた

う、うんありがと〜…
心の中)や、ヤバイ…本当に熱あるかも…フラフラする。

バタッ!
玲於
玲於
お、おい!!!あなた!!!!
亜嵐
亜嵐
ん?おい!!!あなた!!!!
ヤベェぞ!
玲於
玲於
病院に連絡して
ピーポーピーポー