無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

幸せな時間は続かない
あなた
あなた
わぁ…、素敵な部屋…
部屋を見て回ってるとだんだん眠くなってきたな、、
あなた
あなた
…、寝るか。
あなた
あなた
…おやすみなさい。
あなた
あなた
…忘れてた!
あなた
あなた
ちるるーーーー!!!
死神
死神
どうしたんですか!?
あなた
あなた
ちるるにご飯あげるの忘れてた!
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃ……
あなた
あなた
うわあああ!ちるる!ご飯!はい!
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃ!!!
あなた
あなた
ごめんよ…
あなた
あなた
はぁ、別々の部屋にするって言うからこうなったんだよ?
クロノア
クロノア
餌忘れてた方が悪くない?
あなた
あなた
うっ
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃあ
あなた
あなた
ごめんなさいいいい
あなた
あなた
はぁ、ほっとしたら眠くなってきた…
死神
死神
そろそろ寝ましょうか!
ぺいんと
ぺいんと
そうだな
どかぁぁぁん
あなた
あなた
!?
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃあ!?
あなた
あなた
いまの音何!?
ぺいんと
ぺいんと
とりあえず行くぞ!
死神
死神
こっちです!
クロノア
クロノア
こっちだよあなた!
あなた
あなた
は、はーい!行こうちるる!
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃ!
〜街〜
ぺいんと
ぺいんと
うわ…、なんだこれ…
死神
死神
か、火事だ………
あなた
あなた
って火消さないと…
トラゾー
トラゾー
無理です…。今私たちがあの中に入っても被害が大きくなるだけです
クロノア
クロノア
とにかく今は助けを呼ぼう?
あなた
あなた
…うん。
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃあ…………
〜翌日〜
あなた
あなた
はぁ…
ぺいんと
ぺいんと
お、おはよ、あなた
あなた
あなた
おはよー
死神
死神
おはようございます!2人とも!急いで街まで行きますよ!
あなた
あなた
う、うん!
死神
死神
ちるるちゃんもはやくー!
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃぁぁぁ!
死神
死神
痛!?!?かまないでえええ
クロノア
クロノア
ほらおいでーちるる。
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃあ
死神
死神
差凄くないですか!?
ぺいんと
ぺいんと
いくぞー
トラゾー
トラゾー
行きますよー
あなた
あなた
はーい!
〜街〜
ぺいんと
ぺいんと
思ったより被害は少なかったみたいだな
死神
死神
でもここら辺は焼け野原になってます…
あなた
あなた
お手伝いします!
街の人「あぁ、ありがとう、助かるよ」
あなた
あなた
困った時はお互い様ですよ!
ぺいんと
ぺいんと
俺らも手伝います!
街の人「5人も人手が増えたらきっとすぐ終わるよ!ありがとうね!」
死神
死神
ここに貴重品とか置いてありますね
あなた
あなた
でも場所が足りないね
死神
死神
ぺいんとさんもっと置こうとしたらどうするんですか?
ぺいんと
ぺいんと
そりゃ上に積むだろ
死神
死神
結局上かい!
クロノア
クロノア
普通でしょそれ
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃあ!!!!!にゃ!!!!!!
あなた
あなた
ん?どうしたの?ちるる?
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃ!
あなた
あなた
ここ?……あ!!!
あなた
あなた
みんな!ここに人が!
ぺいんと
ぺいんと
人!?
トラゾー
トラゾー
どこですか!?
あなた
あなた
ここ!ここの中に人がいる!
死神
死神
大丈夫ですか!?今助けますからね!
あなた
あなた
…鳥さん達!この人の上にある石を持ち上げて……!
鳥達「ぴよぴーよ」
死神
死神
す、すごい…
トラゾー
トラゾー
ほら!この子供持ち上げますよ!
クロノア
クロノア
小さいから俺だけでも大丈夫だよ
あなた
あなた
ありがとう、みんな!
鳥「ぴーや」
ぺいんと
ぺいんと
鳴き声ちがくね
助けられた子供「う……うん…?」
クロノア
クロノア
あ、目覚めた?
死神
死神
どこも怪我してないですか?
助けられた子供「うん!大丈夫だよ!お兄ちゃん達が助けてくれたの?」
ぺいんと
ぺいんと
いや、俺らじゃなくてここのあなたってやつと鳥だな
あなた
あなた
私は何もしてないよ。鳥さんたちが助けてくれたの。
助けられた子供「そうなんだ…。鳥さんが助けてくれたんだね!」
あなた
あなた
うん、だから鳥さんにお礼しないとね
助けられた子供「うん!ありがとう!!鳥さーん!」
トラゾー
トラゾー
それにしても凄かったですねあなたさん
クロノア
クロノア
頑張って召喚した意味あったねー
死神
死神
それしたの大体僕ですけどね
あなた
あなた
え?もしかして私召喚した理由って…
ぺいんと
ぺいんと
動物と話せる能力持ってるから…だな。
あなた
あなた
そ、そうなんだ…
ぺいんと
ぺいんと
よし!今度はあっち行くぞ!
死神
死神
はーい!
クロノア
クロノア
今行くよー
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃっ
あなた
あなた
ん?どうしたの?ちるる。
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃあ、にゃあ?
あなた
あなた
…確かに…、元の世界に戻りたいけど……、ここの世界で、頼りにされるのも、悪くないかな
あなた
あなた
でも…、こんな話の物語…、どこかで……………
トラゾー
トラゾー
あなたさーん!早くこっち来てくださーい
あなた
あなた
あ、はーい!
あなた
あなた
行こっ!ちるる!
あなたちゃんのねこ
あなたちゃんのねこ
にゃ、にゃあ……
~〜
むかーしむかし、1人の少女がおりました。
この少女は、動物と話すことができる、不思議な少女でした。
その少女は、自分が住んでいる世界と違う世界に迷い込んでしまいました。
何とか帰ろうと試みましたが、帰るすべがありません。
とある4人の少年の家に何とか住まわせて貰いましたが、この世界はなんとも動物にとっては住みにくい世界のようでした_____________
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
いやー、やっちゃったね
作者
作者
やばいやばい
あなた
あなた
どうしたの?
作者
作者
あの、この話の一個前の話覚えてます?
ぺいんと
ぺいんと
あれだ、What a day!ってやつ
作者
作者
あの話とこの話…、実は同じ話にする予定だったんですよ()
死神
死神
え、ってことは…
作者
作者
一個前の話間違えて公開設定にしちゃいましたー!!
あなた
あなた
ふ   ざ   け   ん   な
作者
作者
でも別にいいでしょ?早めに見れたんだし
トラゾー
トラゾー
よくないですよ
作者
作者
ひええ
クロノア
クロノア
でも物語の進行に問題は無いんでしょ?
作者
作者
それがね
ぺいんと
ぺいんと
それが?
作者
作者
あるんだねー
死神
死神
あるんかーい
作者
作者
普通に次の話に繋げるためにこの街のシーンを入れたんですけど、最終回に大きく関わる展開にしちゃって、
あなた
あなた
ばかじゃん
作者
作者
ばかですごめんなさーい
作者
作者
はーい
作者
作者
…オチどうしよう
クロノア
クロノア
え、考えてないの?
作者
作者
考えてないの。
死神
死神
…そうだぺいんとさん部屋増やしたかったらどうするんですか?
ぺいんと
ぺいんと
え?そりゃまあ上に伸ばすから
死神
死神
いや結局上に伸ばすのかよ!!
トラゾー
トラゾー
それではー?
全員
次回もお楽しみにー!