無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第67話

67話 嫌な思い出
永瀬  You
永瀬 You
楽しかったね〜!
廉
そうやな



楽屋に戻ってきて、

またのんびりしてる。



が、私はそんなに暇じゃない。





永瀬  You
永瀬 You
おにぃ、ごめん。私、岸くんの仕事の方行かなきゃいけないの
廉
えっ?共演?
永瀬  You
永瀬 You
いや、マネージャーとして
廉
大変やな。大丈夫なん?
永瀬  You
永瀬 You
大丈夫だって!
永瀬  You
永瀬 You
仮にも風俗女として働いてた人なんで
廉
あぁ、マジで嫌な思い出…
廉
二度とあんな所行かないでな?
永瀬  You
永瀬 You
おにぃもね?
廉
行かへんよ
廉
ほら、はよ優太の所行ってきいや
永瀬  You
永瀬 You
ん!じゃまだ後で!
















































ガチャ


永瀬  You
永瀬 You
ごめん!遅くなった!
永瀬  You
永瀬 You
おにぃの方長引いて…
って私に何かついてる?
優太
優太
あっ、いや何もついてないけど
優太
優太
珍しいね、ちゃんと化粧して、
ヘアセットして
永瀬  You
永瀬 You
ねぇ、ちょっと地味にバカにしてる?
永瀬  You
永瀬 You
いつもちゃんとしてない、
みたいな言い方ですけど?
優太
優太
いや!そういうことじゃなくて!
優太
優太
あなたの手先器用だな〜と思って
永瀬  You
永瀬 You
え?
優太
優太
自分でその長い髪とかセットするの、
大変そうだし
永瀬  You
永瀬 You
あ、あぁ…‪wまぁ‪w
永瀬  You
永瀬 You
多少はね‪w
永瀬  You
永瀬 You
(バレる、バレる…)
永瀬  You
永瀬 You
で、岸くん今日撮影だからね?
優太
優太
うん。了解
永瀬  You
永瀬 You
撮影した後に、インタビュー受けて、
それでおしまい
優太
優太
OK
スタッフ
岸さん、衣装着替えお願いしまーす
永瀬  You
永瀬 You
行ってらっしゃい
優太
優太
おぉ!















その合間に、私はドラマのセリフを覚える。






ただ、困ったことに、

初ドラマで、初ヒロインってだけあって、

セリフが多い。





でもまだ今は、前期だし、

最初の方は、昔のこととして、

子役の子がやるからいいけど、

後期は、最初から最後まで、

私だから、これ以上にセリフが増えると思うと、

既に先が遠くなる。
















永瀬  You
永瀬 You
『ねぇ、お兄ちゃん、お父さんは何で殺されたんだろう…』か…
優太
優太
えっ?あなた何言ってるの?
永瀬  You
永瀬 You
えっ、あっいや、ちょっとね…
優太
優太
それ、廉のやるドラマ?
永瀬  You
永瀬 You
あっ、うん
優太
優太
マネージャーって、台本も貰えるんだ〜
永瀬  You
永瀬 You
えっ?あっ、そうそう
スタッフ
岸さーん!
スタジオ入りお願いしまーす
優太
優太
あっ、やべっ!俺もうスタジオ行かないと、いけないんだった!
永瀬  You
永瀬 You
えっ!?岸くん!ちゃんとして!
優太
優太
はい!マジさっせん!




そして岸くんが、撮影をしに行って、

私はホッと息つく。





永瀬  You
永瀬 You
危ない…マジでバレるところだった…



岸くんが、バカで良かったなと、

心底思うあなたであった。