無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第278話

278話 違和感



11時10分


岩橋と岸を追いに、

手下が総出している中、

私は連絡を取っていた。






東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ねぇ、どういうこと?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
分からないッ!
楓  (かえで)
楓 (かえで)
朝見に行った時にはもう居なくて…
楓  (かえで)
楓 (かえで)
GPSはイタリアの中で動いてたから、
イタリア内には居ると思ってたの!
楓  (かえで)
楓 (かえで)
それが、まさか日本に居るなんて…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
楓  (かえで)
楓 (かえで)
私も今、日本に向かってる
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
楓  (かえで)
楓 (かえで)
………蘭…?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あのさ、まさかとは思うけど、
分かっててこんなミスしてないよね?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
…どういうこと?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
楓がこのタイミングで、そんな
ミスを犯すとは思えないんだけど
楓  (かえで)
楓 (かえで)
……まだ疑ってる…?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
楓  (かえで)
楓 (かえで)
……まぁ怪しいと…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
疑わざるを得ないでしょ…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
こっちだって疑いたくはないよ?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
でも、最近の楓、変だから…
楓  (かえで)
楓 (かえで)
………悪いね
楓  (かえで)
楓 (かえで)
……迷惑かけてんのは分かってるけど…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
日本で会おう
楓  (かえで)
楓 (かえで)
うん









結局、楓が何を考えてるのかは、

未だ分からないまま、

連絡は途絶えた。












東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
さて……平野には連絡した方が
いいのかな…




予定では、もう後1〜2分もすれば、

この屋敷に着くだろう…





あの3人は、無事山を下れているだろうが、

正直、そのまま黙ってないはずだから…








きっと、戻ってくる…












戻ってきたら、捕まるのは当たり前。







そんなのを、

わざわざ知らせる必要はあるのだろうか?












犯人が帰ってきたことを伝えるのは、

まぁいいとして、

どこまで私が言うべきなのか…











使用人
おかえりなさいませ!永瀬様!




その声がして、

私は咄嗟に木の上へ逃げた。









お母さん
ただいま
お母さん
随分と騒がしいみたいだけど、
どうしたのかしら?
使用人
…………
使用人
捉えていた、
岩橋と岸が逃げ出したようで…
使用人
それを追っていた為かと…
お母さん
はぁ?
お母さん
監視カメラはどうしたのよ?
お母さん
何の為に監視カメラを付けてると
思ってんの!?
使用人
それが…監視カメラが故障したようで、映らなくなってしまい…
お母さん
はぁ……使えないわね…
お母さん
お茶を用意して頂戴
使用人
はい、かしこまりました











私は、その会話にどこか違和感を感じていた。











が、その違和感が何かと聞かれたら、

それは分からなくて……










ただ、何か引っかかっていた。