無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第246話

246話 移動

今、ジンが話したことは、

あの時玄樹が言っていたこととは、

ほぼ真逆に近い。











でも、それがあの話の続きなのだとすれば、

納得出来る。












それに、きっとジンは、

私を慰める為に、

言ってくれたんだと思う。








やっぱり今、私がジンに言える言葉は、

“ありがとう”

しかない。























































事がまた動いたのは、

それから3時間後……






キィーー





また、ドアが軋む音と共に、

海人が帰ってきたのだ。






永瀬  You
永瀬 You
おかえりなさい
海人
海人
うん…ただいま





何となく、この後のことは分かっていた。





捕まった時点で、

あの人が、私達のことを解放する訳がない。

























だから、きっとこのまま、

私達3人は、

捕まったままだろう。













でも、少し変なことがあった。










海人を連れて来た、

あの人の手下(?)が、

海人をイスに縛り付ける訳でもなく、

そのまま小屋から出ていったのだ。


















パチッ






お母さん
さ〜てと、帰ってきたわね
お母さん
にしても、色々話してたわね〜
永瀬  You
永瀬 You
………
お母さん
あ〜、今は話さない感じか
お母さん
まぁ、それならそれでいいわ
お母さん
貴方たちには、
これから違う場所に移動してもらう
海人
海人
えっ!?
お母さん
どうかした?
海人
海人
い、いや…
永瀬  You
永瀬 You
どこに行くの?
お母さん
行けば分かるわよ
お母さん
それにしても、
案外反抗してこないのね?
永瀬  You
永瀬 You
自由に身動きも取れないのに、
どうやって反抗しろと?
お母さん
あぁ、それもそうね‪w
お母さん
そしたら、まずはそこにいる海人君に
紐解いてもらって?
お母さん
私達がするよりはいいでしょ?
永瀬  You
永瀬 You
うん




そして私達2人は、海人に紐を解いてもらった。




お母さん
じゃあここから出て
お母さん
そしたら目の前に、人が居るから、
その人について行ってね
永瀬  You
永瀬 You
分かった
永瀬  You
永瀬 You
じゃあ行く前に1つ聞きたいんだけどさ、移動する理由って何?
お母さん
まぁ、この場所はバレてるからね
お母さん
それに、そこよりも向こうの方が、
動きやすいのよ
永瀬  You
永瀬 You
ふ〜ん…
永瀬  You
永瀬 You
行こ、ジン、海人
ジン
ジン
うん
海人
海人
う、うん…







あなたは、真っ直ぐ前を見ていた。









その目に迷いは…………


























まだ、少しだけ残っていた。