無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

31話 現実味



テレビの前で、

おにぃ達を見るのは、

恐らくこれが最後になるだろう。


















TV
次は、King&Princeで、
koi-wazurai!
















いつ見ても、おにぃ達は、

やっぱり輝いてた。




凄いなぁ…スーパーアイドルって…!



おにぃも、何でそんなに笑っていられるんだろう…








おにぃが笑うから、私も泣かないよ。
























そして、King&Princeの出番が終わり、

私は、ふと思ってしまった。


















“あれ?私って、結局1人じゃダメなんだ”













おにぃは、私が居なくても、

笑ってるし、なんでもできる。




でも私は、おにぃが、おにぃがって言って、

結局自分の意思で動いてること、

無くない?





私、何してんだろ…?















今までの人生、

双子だからって、いっつもおにぃに付きまとって、

自分1人でちゃんと動いたことなんて、

何も無いや。











馬鹿らしい…

ホント、自分に呆れる。









嘘の自分作り上げて、双子って事に甘えて…





だからおにぃに、どんどん置いてかれるんだよ。





本当、バカだ。















永瀬  You
永瀬 You
晩御飯作ろ…




私は、少しでも、

馬鹿な自分を紛らわす為に、

晩御飯を作り始めた。














永瀬  You
永瀬 You
カレーとかでいいかな…?





人参と玉ねぎとじゃがいも、キノコ、豚肉、

を切って、それぞれ炒めて、

鍋に入れて、少し煮込む。



その後、カレーのルーを入れて、

少し煮込んで完成だ。
















無心でやってたら、いつの間にか、

もうルーを入れるところまできてるし、

番組は、アンビリバボーに変わっていた。










私は、火をつけた鍋の前で、

座り込んでしまった。







永瀬  You
永瀬 You
疲れた…



7年前の今頃、

私はおにぃに抱きついて泣いていた。






全員意味が分からず、

ただ家の中に、警察官がいっぱい居て、

でも、現実味がなくて、

ずっと夢だと願っていた。