無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

45話 眠たい
スタッフ
よろしくお願いします
永瀬  You
永瀬 You
今日は、朝から次のコンサートの打ち合わせとか、振り付け練とか諸々
永瀬  You
永瀬 You
まぁ、でも少し前にもツアーだから、コンサートはやってるし、大丈夫だよね?ニコッ
King&Prince
King&Prince
(あなた!目が笑ってないよ!)
King&Prince
King&Prince
だ、大丈夫です…



そう言う、あなたは、

口は笑っているものの、

目は全く笑っていなかった。








永瀬  You
永瀬 You
悪かったわね…
King&Prince
King&Prince
(バ・レ・て・る!?!?)





どうも、廉いわく、

昨日、寝れなくて、

とてつもなく眠たいのではないか、

との事だった。








もしくは、寝起きだから、

機嫌が悪いのではないかと…








まぁそれもそのはず、

今は、午前5時。




現場が遠いうえ、

やる事も多く、時間がかかるのだ。














































































1時間後…



永瀬  You
永瀬 You
本日は、よろしくお願いします
永瀬  You
永瀬 You
King&Princeのマネージャーをやっております、永瀬です
優太
優太
King&Princeです
King&Prince
King&Prince
今日1日よろしくお願いします
スタッフ
よろしくお願いします
スタッフ
では、早速次の会場での、
動きについて説明していきます…





こうして、打ち合わせが始まり、

この後永遠とよく分からない話が続く。





マネージャーになったばかりの私には、

まだよく分からない。



スタッフさんに、挨拶するので精一杯だ。













そして、このよく分からない話は、

眠たい私にとって、

非常に眠たくなる事だった。






永瀬  You
永瀬 You
(眠たい…)
永瀬  You
永瀬 You
コクン…コクン…
紫耀
紫耀
プッ‪w
スタッフ
どうしました?平野さん
紫耀
紫耀
あっ、ごめんなさい。
なんでもないです
永瀬  You
永瀬 You
( ゚д゚)ハッ!
永瀬  You
永瀬 You
(まずい…今危なかった…)










それから、ダンスレッスンへ…













私は、隅っこの方で、座って見学をしてる。









これまた、音楽がかかって、

眠気を誘う。







永瀬  You
永瀬 You
⊂⌒っ*-ω-)っZzz...




そしてついに、私は、

体育座りしたまま、

眠ってしまったのだ。