無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第132話

132話 カメラ
海人
海人
《やばくない?》
永瀬  You
永瀬 You
《めっちゃやばい》


口パクで、海人とそう話した。



ジン
ジン
えっ?マジでどうしたの?
永瀬  You
永瀬 You
いや、うん
ジン
ジン
えっ?
海人
海人
そうそう
ジン
ジン
は?
永瀬  You
永瀬 You
…………
海人
海人
…………
ジン
ジン
もう何なのさ、挙動不審すぎない?
永瀬  You
永瀬 You
気分気分
ジン
ジン
てか、この部y…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あれ?まだ温泉
行ってなかったんですか?
海人
海人
あっ!今行きまーす!




そして私と海人は、

さっさと歩いていった。




東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
神宮寺さんは行かないんですか?
ジン
ジン
いや、行くけど…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ごゆっくり…
ジン
ジン
ねぇ、アンタさ何考えてんの?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
はい?
ジン
ジン
廉はもちろんだけど、
あなたに手出さないでね
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
手を出す気なんて、
到底ありませんよ‪w
ジン
ジン
んな丸分かりな嘘、
誰が引っかかっるか
ジン
ジン
その証拠として、あなた部屋の
監視カメラ、これは何?



そして俺は、

あなたの部屋の監視カメラを指さした。




ジン
ジン
それに、湖でのことだってわざとだろ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
わざとなんかじゃないですよ?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
偶然です‪wたまたま起きた事故
ジン
ジン
事故だと言えば許されると思ってんの?
ジン
ジン
やばい神経だね
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
フフッ、それはどっちなのか…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
てか、手を出すなら、もう昨日のうちに手出して殺してますよ‪w
ジン
ジン
お前ッ!!
玄樹
玄樹
ジン?
ジン
ジン
玄樹…
玄樹
玄樹
まだ温泉行ってなかったの?
ジン
ジン
いや…ちょっと…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
私が少し、引き止めてしまったんです
玄樹
玄樹
あ〜、なるほど…
玄樹
玄樹
じゃあ一緒に行こ、ジン
ジン
ジン
あっ、うん



そして、去り際に玄樹は、

こう言った。




玄樹
玄樹
廉とあなたに何かしたら、
絶対に許さないから
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
……!
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
フフッ…楽しみにしてますボソッ




蘭side



やっぱり、あの2人は勘が鋭い。


要注意人物だとは思ってた。




最後に、岩橋玄樹が、

堂々とあんなこと言ったのは、

少し驚いたけど、所詮は口だけ。



そこまでの心配はいらない。









でも、驚いたのは、

永瀬あなた、彼女が、

思っていたよりも、遥かに鋭かったこと。




もっと、天然バカのような、

考えなしだと思っていた。




とは言っても、

部屋の防犯カメラにも気づけなかったマヌケ。



私の手にかかれば、一瞬だ。












まぁひとまず、随分疑われてるし、

温泉での作戦は中止。









この旅行の本番は、これからだ。