無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第168話

168話 運命共同体
永瀬  You
永瀬 You
私は……………
永瀬  You
永瀬 You
何が何でも生きる!
永瀬  You
永瀬 You
殺したいなら殺せばいい!
永瀬  You
永瀬 You
それでも私は生きるから!
永瀬  You
永瀬 You
おにぃは、寂しがり屋だもん
永瀬  You
永瀬 You
1人にさせられる訳ないでしょ‪w
お母さん
は?何言ってんのよ…
お母さん
殺されたら生き返る訳ないでしょ?



それは、私も思っていた‪w




自分で言ったことだけど、

何言ってんだ…って‪w





でも、その言葉の通りだから、

別に何も間違っていない。




永瀬  You
永瀬 You
大丈夫
お母さん
永瀬  You
永瀬 You
もし今ここで、私が死んじゃっても、最終的にはおにぃが全部解決するよ
永瀬  You
永瀬 You
そしてその時には、
私に教えに来てくれるよ





最終的には、きっとおにぃが解決してくれる。




その為にも、

ちゃんと1冊のノートにまとめてある。











大丈夫、きっと大丈夫。















お母さん
言いたいことは、もう無いの?
永瀬  You
永瀬 You
うん
お母さん
じゃあ、さようなら




そう言って、お母さんはナイフを取り出した。


























永瀬  You
永瀬 You
あっ!
永瀬  You
永瀬 You
そうだッ!
永瀬  You
永瀬 You
私達双子は2人で1つ
永瀬  You
永瀬 You
運命共同体だから!






























































︎︎
廉
…………
海人
海人
廉…?




あなたが、本当に来ていなかった。






もう2時だ。





午後までには終わる仕事だ。


長すぎる…






それに、この胸騒ぎ。



ただ事じゃない。








廉
俺、帰ろっかな…
ジン
ジン
えっ?今?
廉
おん
海人
海人
な、何で?
廉
いや…ちょっと…
ジン
ジン
あなたのこと?
廉
…………
ジン
ジン
探しに行くの?
廉
……おん
海人
海人
えっ、あなたに何かあったの?
廉
いや、それは分からんけど…
廉
でも、何となく…
ジン
ジン
とりあえずで、どこ探しに行くのさ
ジン
ジン
一旦、電話してみたら?
廉
あぁ、そうやな…





電話はしてみたが、

やはりあなたは出なかった。






廉
やっぱり…
廉
俺、早退するわ
廉
あなたのこと探しに行ってくる
海人
海人
え〜、なら俺も早退する〜
ジン
ジン
俺も早退しよ
廉
別にいいんやで?
廉
俺の勘違いかもしれへんし
海人
海人
いいのいいの!サボりだから!
廉
おいッ‪w
ジン
ジン
ってことで、
岸くん達にも言いに行くか
海人
海人
レッツゴー!





そして、俺達6人はサボり混じりに、

学校を出た。









しかし、これは笑い事では無かった。






そして………
























1人、知ることとなる。