無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

39話 ひとり


2階に行くと、

丁度岸くんに会った。





優太
優太
何かさっき、大っきい音したけど、
大丈夫?
永瀬  You
永瀬 You
あっ、えっと大丈夫!
永瀬  You
永瀬 You
私が、転んじゃって‪w
優太
優太
そっか‪w気をつけてな〜









そして私は、ある人の部屋に行った。



















玄樹side



学校の準備をしてると、

いきなり下から大きな音がしたから、

何か思って、部屋を出ると、

丁度海人も出てきて、

一緒にリビングに行くと、

あなたと紫耀が喧嘩していた。







どんどんヒートアップしてくから、

途中で仲裁に入ったんだけど、

あなたに大丈夫なのか聞くと、

あなたは、大丈夫と言うものの、

それは、全部自分に言い聞かせてるように聞こえた。





後で、廉にこの話もしといた方がいいのかな…

と思ったり、思わなかったり…


















まぁ、ひとまず、

もう時間もヤバいし、

鞄取りに行くか…




























ガチャ









玄樹
玄樹
わっ!?
玄樹
玄樹
何してんの!?
永瀬  You
永瀬 You
あっ、ごめん。
ちょっと1人になりたくて…‪w
玄樹
玄樹
そっか、部屋には廉居るもんね
玄樹
玄樹
全然いいよ〜
永瀬  You
永瀬 You
ありがとう
永瀬  You
永瀬 You
1つお願い事してもいい?
玄樹
玄樹
何?
永瀬  You
永瀬 You
私、まだ準備とか出来てなくて時間かかるから、皆で先に学校行ってて貰えないかな?
玄樹
玄樹
えっ?待ってるよ
永瀬  You
永瀬 You
ううん、遅れたら困るから
永瀬  You
永瀬 You
準備出来たら、走っていくから、
心配しないで
玄樹
玄樹
う〜ん…分かった。気をつけてね?
永瀬  You
永瀬 You
うん!
永瀬  You
永瀬 You
じゃあ私、部屋行くね
玄樹
玄樹
はーい!





















玄樹の部屋から出て、

私達の部屋に行くと、おにぃが居た。



















廉
あなた、早く準備しないと
間に合わないで?
永瀬  You
永瀬 You
間に合わなさそうだから、
先に行ってて?
永瀬  You
永瀬 You
玄樹にも言ってあるから
廉
俺待ってるで?
永瀬  You
永瀬 You
いいよ、遅れるかもしれないし
永瀬  You
永瀬 You
仕事で行ける回数も少ないんだから、出来るだけちゃんと行って?
廉
それもそうか…分かった
廉
じゃあもう家出るで?
永瀬  You
永瀬 You
うん。行ってらっしゃい
廉
おん















6人で家を出ると、

海人と紫耀は、何かをずっと話してて、

何かよく分からないけど、

少し暗かった。











廉
何かあったん?
ジン
ジン
さぁ?心当たり無いけど
廉
だよな…




ジンに聞いてみるも、

やっぱり原因は分からなかった。