無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第165話

165話 何が言いたいのか




そして双子は生まれた。




最初に男の子が生まれ、

その子は生まれてすぐに泣いた。












そのすぐ後、女の子も生まれた。













が、やはりすぐには泣かなくて…






でも、数分した後、無事に泣いた。












その双子が私にも見せられたが、

男の子と比べると、女の子は遥かに小さかった。




顔はそっくりだった。













そして、女の子はすぐに連れて行かれ、

保育器に入れられていた。






























そして翌日




また医者から告げられたのは、

女の子の方は、あまり長くは

生きられないかもしれないということ。




本当にすみません。




と頭を下げられたが、

私達もどうしたらいいのかさっぱり。






1人だと思っていた赤ちゃんが、

急に2人になり、

しかも1人は未熟児で、

長くは生きられない…







自分達は、どうしたらいいのか…











養子に出すという手も考えた。








でも、双子を離れ離れにさせるのは

可哀想だと思った。





でも、後々のことを考えると、

双子の1人が死んだら、

もう1人が可哀想なのでは…







ますますどうしたらいいのか

分からなくなって、

結局、一緒に育てることになった。







名前は、適当にあなたと付けた。



服や哺乳瓶など、

必要な物も、一気に揃えた。












双子だけど、歩くのは廉の方が全然早く、

言葉を覚えるのも、廉の方が早かった。





あなたは、基本的に廉より劣っていた。












でも、それでも私は、

あなたのことも、

愛していた“つもり”だった。





お母さん
だけど、やっぱりあなたのことは、
好きになれなかった…















いや、だから何だよ。





結局この人は、何が言いたいんだよ。



私の命は、そう長くないってこと?



名前に意味は無いってこと?












望まれていない子だっていうことは分かった。




それから、私が小さい理由は、

未熟児だったからっていうことも分かった。




おにぃとの違いも分かった。












でもそれで、何で私を殺すの?





お父さんを殺した犯人が、

お母さんだということを、知ってしまったから?





でも、殺した時点で、

犯人が探られるのは、想定内のはず…




















いや、そもそも、

お母さんは、何でお父さんを殺したの?









永瀬  You
永瀬 You
……………






謎は、まだ明かされない。