無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

18話 よりによって
リビング


紫耀
紫耀
あれ?あなたは?
廉
疲れたから寝るってよ
海人
海人
まぁ、慣れないと疲れるよね
優太
優太
あのさ、いつからそんな呼び捨てにするぐらい仲良くなったの!?
紫耀
紫耀
えっ?昨日
玄樹
玄樹
昨日なの!?
海人
海人
うん、昨日廉にシェアハウスの事言いにいったら、廉居なくて、あなたと色々話したから
ジン
ジン
いいな〜、俺らも仲良くなりたいけど、中々あなたちゃん、心開いてくれないし
廉
それでもあなた、あそこまで心開くの珍しいと思うけどな
優太
優太
そうなの!?
廉
あなた、人見知りやから
玄樹
玄樹
ホント似てるね〜双子は
廉
まぁ、そうやな‪w
ジン
ジン
あなたさ、本当にどっかからスカウトとか受けてないの?
廉
あなた、バイトばっかで、全然町とか行かないから、見られないんよな〜
廉
まぁでも、これを機にバイト全部辞めたらしいけど
廉
またどうせ始めちゃうんやろうな〜…
紫耀
紫耀
あなたって、部活とかもやってないよな?
廉
バイトやってたしな
ジン
ジン
もしさ、あなたちゃんにスカウトきたら、あなたちゃん入ると思う?
廉
どうやろな〜?なんだかんだいって、入るんちゃう?
廉
俺の妹やし‪w
海人
海人
ドヤ顔ウザ〜
優太
優太
俺もあなたみたいな妹欲しい〜
廉
絶対あげへん‪w
玄樹
玄樹
ねぇねぇ、そろそろお昼ご飯食べようよ〜
ジン
ジン
いいね!なんか作る?
ジン
ジン
それともどっか行って食べる?
紫耀
紫耀
でもあなた寝てるよね
海人
海人
そうだよね〜…でもさどうせ今この家、食材も無いし、皆で買い物行かない?
優太
優太
それいい!
玄樹
玄樹
よし、じゃあ買い物行こ〜




俺は、少し心配だった。



俺達が買い物に行ってる間に、

あなたが起きて、

部屋に誰も居なかったら、

怖い思いをするんじゃないか…




この時期なら、尚更あなたは…






でも、すぐ帰ってくるし、大丈夫か…




















ジン
ジン
岸くんちゃんと鍵閉めてね?
優太
優太
閉めた。ちゃんと閉めたよ!
紫耀
紫耀
よし!٩(・ω・)วlet's go!




そして俺達は、あなたをおいて、

買い物に出た。







































10分後…




永瀬  You
永瀬 You
ふぁ〜…熟睡出来ない…
永瀬  You
永瀬 You
水飲みに行こ…




案の定、あなたは起きてしまった。










永瀬  You
永瀬 You
静かだな…皆寝てるの…?




私は静かすぎて、

一瞬リビングのドアを開けるのを躊躇ためった。







でも、おにぃは、

私を置いていかないから、大丈夫。
















ガチャ









永瀬  You
永瀬 You
おにぃ…?



リビングの見える所には、

誰の姿もなかった。





永瀬  You
永瀬 You
おにぃ…?おにぃ…どこ行ったの?
永瀬  You
永瀬 You
おにぃ!どこ!?




リビングに、人の気配も無い。




この部屋に、人が居ないことは、

分かった。




永瀬  You
永瀬 You
廉!どこ行ったの!?
永瀬  You
永瀬 You
1人にしないでよ…!れん!!




1人でに、叫んでいた。










よりによって、この時期に、

この慣れない家で、

何で1人にするの!?








私は、泣いていた。







怖かった。


起きたら、おにぃが居なくなってる事が。


とても怖かった。






戻ってくるよね…?