無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第176話

176話 4つの条件




1人になって、また思う。



永瀬  You
永瀬 You
あ〜…バレてたんだな…



と…





でも、それと共に、

もし紫耀達5人が、

お母さんに狙われてしまったら…



という不安もある。






永瀬  You
永瀬 You
はぁ…
永瀬  You
永瀬 You
結局、お母さんは何がしたいんだろ…





紫耀も言ってたけど、

おにぃにこの事を言わなきゃいけないのは、

分かってる。





でも、今の私にそれを言う勇気は

やはり無い。







永瀬  You
永瀬 You
双子じゃなかったら…
言えてたのかな…


少しだけ、そう思った。










































ガチャ



紫耀
紫耀
ただいま
ジン
ジン
おかえり、随分遅かったね?
紫耀
紫耀
うん、ちょっとね
紫耀
紫耀
俺風呂行って、そのまま寝るわ
ジン
ジン
了解






それから風呂に入り、

寝る準備をして、部屋に戻った。














紫耀side



あなたと2日ぶりに会えて、

凄く安心した。



それに、隠してたことも、

弱音も吐いてくれて、

頼られてるみたいで、嬉しかった。










でも…



あなたの話的に、

きっとあなたには、

まだ隠してることがある。










それに何より、

“殺されかけた”

っていう話。





きっとあなたは、

流れで言ってしまったのだろうけど、

一体誰に?




監禁した犯人?





流石に話が大事すぎる…





俺1人で解決出来ることでは無い…








でも、東雲には、言うなと言われていて…








何で言ったらダメなんだろう…

















プルルルル プルルルル プルルルル




紫耀
紫耀
紫耀
紫耀
あっ、電話するって言ってたな



ディスプレイには、

やはり“あなた”の文字。







紫耀
紫耀
もしもし?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
上手くいった?
紫耀
紫耀
多分
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
条件は守ったんだろうな?
紫耀
紫耀
ちょっと遅くなったけど、一応
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あぁ…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
まぁ、いい
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
じゃあ、これからまた大事な話をする
紫耀
紫耀
おう
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
明日の夜、私達は日本に戻る
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そしたら、監禁した奴は、
すぐにあの山小屋まで向かうはずだ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
だから、お前はそこで待ち伏せしてろ
紫耀
紫耀
俺が?1人で?監禁した奴と戦うの?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そうは言ってない
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
私は多分その犯人と、
一緒にあの山小屋までは行けない
紫耀
紫耀
何でだよ?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
色々ある
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
でも、その後すぐに追いかける
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
だから、山小屋の後ろから、
話を聞いて、こっそり待ってろ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
救出するタイミングは、私が着いた時
紫耀
紫耀
それで大丈夫なのか…?
紫耀
紫耀
殺されたり…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
お前、どこまで聞いた?
紫耀
紫耀
いや、よく分からない
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
は?
紫耀
紫耀
いや、ホントだって
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
まぁ、いいや
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
今回の条件は4つだ
紫耀
紫耀
4つ…多いな…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
それぐらい覚えろ、バカ
紫耀
紫耀
…………
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
1つ目は、音を出さないこと
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
2つ目は、覗かないこと
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
3つ目は、無闇に救出しないこと
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そして4つ目は私が向かうまで、
待つこと
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
分かったな?
紫耀
紫耀
…一応
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
詳しいことはメールを送る
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
それを見とけ
紫耀
紫耀
はい…




ツーツーツー




そして、電話は切れた。