無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第140話

140話 殺意
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そんなこと続けてたら、
ある日SNSで妹さんのこと知って…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
殺意が湧いちゃって…‪w



やばい…


本当にサイコパスだ…




そう思った。





東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あっ、心配しなくても、
イケメンは殺さないから安心して!


どんどんテンションが高くなっていく、

その代理マネージャーに、

俺達は、少しずつ後ずさった。



東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
私、海外では結構有名なマフィアで、
人間1人この世から消すことぐらい、
簡単なんだよね
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
まぁ言ってしまえば、
1人も10人も変わらないというか…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
10人殺せれば、100人は余裕…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
こういう世界で生きてきた人間だから、人が死ぬ場面なんて、もう何百回と見てきてる訳で…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
親が人を殺してるところを見ることもあれば、自分が殺すこともある
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
人が死ぬことに、
もう何も思わないんだよね




血も涙もない…


とは、きっとこういうことなんだなと思った。





東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あっ、ついでに言えば、廉くんの彼女のフリしてたのも本当だよ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
まぁ多分、
廉くんは信じてくれてないけど…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
それも全部……あの女がいたから…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あの女さえ死ねば、
廉くんは私のものに…
玄樹
玄樹
廉がアンタの手に乗らないのは、
あなたのせいじゃないから
紫耀
紫耀
てか、廉はものじゃねぇし
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
じゃあどうやったら…
優太
優太
普通に考えれば分かるでしょ
優太
優太
双子だよ?しかも一卵性の
優太
優太
運命共同体みたいなもんでしょ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
じゃあ…
ジン
ジン
最初っから、アンタに勝ち目は
無かったんじゃない?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
いや、でも勝ったのは私だよ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
忘れた?一酸化炭素中毒のこと?
海人
海人
廉が行ってるから、大丈夫でしょ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
何だその根拠‪w
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
1分吸えば5%、10分吸えば50%
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
今はもう、20分以上経ってるんだから、もう死んでるでしょ
紫耀
紫耀
助けに行ってから、10分以上経ってるんだから、もう温泉から出てるだろ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
さぁ…?どうでしょうね
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
これスイッチ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
もう止めてあるから確認して



そう言って、投げてきたスイッチは、

“off”の方が光っていた。








そう言い、その代理マネージャーは、

部屋から出ていった。