無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第205話

205話 教えた人
優太
優太
じー( ⚭-⚭)







というのも、昼ごはんを食べる為、

食卓テーブルまで行ったんだけど、

まぁ、当たり前のように隣に座り、

なんなら席まで近づけてきた。












んだけど、どうも眠たいのか、

首がカックンカックンしていた。



















寝れるのはいい事なんだけど、

俺に寄っかかって寝てるんだよぉぉ!!!







えっ、めっちゃ可愛いじゃん。




いや、知ってたけどさ…













さっきから、

ずっと俺の後ろにくっついてくるし、

何か、めっちゃ可愛い。





めっちゃ、妹みたい。





可愛すぎるでしょ。








でも、ここで寝るよりも、

ベットで寝た方がいいだろうな〜…

とも思うけど、

せっかく寝れたのに、起こすのものな〜…

とも思う。



















さて、どうする岸優太!








































一方…






東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
余計なことはするなと、
注意されたはずですが?
お母さん
あら?余計なことだったの?
お母さん
それより、周り見なさいよ
お母さん
全員、私の部下になって、
あなたの“場所”無くなっちゃうわよ?‪
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
この日本での組織は、
私と楓に任されています
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
その事がある以上、
私達の場所は無くなりません
お母さん
私“達”?
お母さん
私は、蘭の話をしているのよ
お母さん
知ってる?私にあなたの状況を教えてくれたのは、楓本人よ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
は…?楓が…?
お母さん
裏切られちゃったの?‪w
お母さん
可哀想に……‪w
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あなたが何か言ったんじゃないんですか?
お母さん
いいえ、何も言ってないわ
お母さん
そもそも、あの子とは
ほとんど会わないからね
お母さん
あの子は分かってるんでしょうね
お母さん
赤ちゃんの時のこととはいえ、
1度捨てられてる身だから
お母さん
有利な地位の使い方を…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
楓は、そんなことしない
お母さん
それがしたのよ〜‪w
お母さん
私に教えてくれたの
お母さん
あなたが風邪を引いてるってね
お母さん
それも、私達家族の事がトラウマで
ってこともね
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
きっと、何かあるんでしょ
お母さん
だといいわね‪w




蘭side



毎回、毎回、

余計なことをして、余計なことを言う。




私は、自分の地位なんてどうでもいい。



ただ、楓と…

仲間と一緒に、任務をこなして、

誰1人かけなければ

それでいい。




なのに、この人が来たせいで…




全てが変えられてしまう。












私だって、やりたくて

こんなことしてるんじゃない。



それでも、楓が居るから…




なのに…








その楓も裏切るなら、

私は一体、どうしたらいいのだろうか…?