無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第201話

201話 理解してる
海人
海人
えっ!?あなた、
めっちゃ紫耀に懐いてるじゃん!
紫耀
紫耀
懐いてる……のかな…?
紫耀
紫耀
まぁ、色々あるっつーか…ボソッ
廉
悪いな、
熱出てるし、大変かもしれんわ…
紫耀
紫耀
いや、それはまぁ、いいんだけど
紫耀
紫耀
今のあなたって、
昔のトラウマから熱出てるんだよね?
廉
う〜ん…多分な
廉
8年前の丁度この日に、
家族で海行って溺れてるし…
廉
それ以来、海とか水が
トラウマになってるらしいから
紫耀
紫耀
やっぱそうだよな〜…
廉
何か違うん?
紫耀
紫耀
いや、別に特には
廉
そっか…



咄嗟に嘘をついてしまったけど、

やっぱり寝言が変だ。



海関連じゃない気がする…






もしろ、やっぱりあの監禁されてた時の方が…






まぁ、俺はその海のことは、

よく知らないから、

監禁の方に聞こえるだけかもしれないけど、

どうなんだろう…?




いっつもあんな感じなのかな…?









まぁ、廉には聞かせられないけど…







紫耀
紫耀
てか、この後俺仕事あんだけどさ…
あなたどうすっかな…
紫耀
紫耀
2人見てられる?
廉
俺もこの後仕事あんねん
海人
海人
えっ!?俺もだよ!?
紫耀
紫耀
じゃあこの家に、
あなた1人になんじゃん…
海人
海人
あなた1人で大丈…夫じゃないよね〜
廉
Princeの3人はいつ帰ってくるん?
紫耀
紫耀
さぁ…?
廉
何で熱出るって分かってて、
全員に仕事入れるんよ…
海人
海人
忘れてたんじゃないの…?
海人
海人
最近、重労働だったから
紫耀
紫耀
困ったな〜…
紫耀
紫耀
仕事休む訳にもいかないし…



そんな中…




永瀬  You
永瀬 You
仕事行っていいよ…?
永瀬  You
永瀬 You
私、1人でも大丈夫だから…




絶対大丈夫じゃない。





その場に居た、

3人が思ったことだった。





でも、仕事には行かなきゃいけないわけで、

流石に風邪を引いてるあなたを、

連れていく訳にもいかず…



紫耀
紫耀
本当に大丈夫なの?


そう聞くしか無かった。






一方のあなたもあなたで、

こうしなきゃいけないと、

分かっていた。




本当は行って欲しくない。



傍にいてほしい。








そう思っていても、

言えないのが現実。







“行ってきていいよ”


“大丈夫”




それしか言えないことを、

あなたも、あなたなりに理解していた。





永瀬  You
永瀬 You
うん、大丈夫
永瀬  You
永瀬 You
でも、出来るだけ
早く帰ってきて欲しい…
永瀬  You
永瀬 You
無理はしなくていいから…




これが精一杯。




紫耀
紫耀
うん、分かってる
海人
海人
何か買ってきて欲しい物とかある?
永瀬  You
永瀬 You
いや、特に…
永瀬  You
永瀬 You
ごめん、寝る…
永瀬  You
永瀬 You
紫耀、ベット借りるね
紫耀
紫耀
あぁ、いいよ
廉
何かあったら電話して
永瀬  You
永瀬 You
うん…




立ってるのも、その数分が限界だった。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


作者のアカリ
作者のアカリ
こんにちは!作者のアカリです!
作者のアカリ
作者のアカリ
作者のアカリは、
暑さで死にそうでございます…
作者のアカリ
作者のアカリ
35度……この普段寒い地域が、
何故にこんなにも暑いのでしょうか…?
作者のアカリ
作者のアカリ
熱中症ではないんですけど、
もう暑くて暑くて…死にそうです…
作者のアカリ
作者のアカリ
皆様も熱中症にならないよう、
水分補給を忘れずに…
作者のアカリ
作者のアカリ
あと、書きだめが出来ていない為、
今日の投稿はこれで終了です
作者のアカリ
作者のアカリ
ご了承ください🙇🙇
作者のアカリ
作者のアカリ
以上、宿題が終わらない作者でした
作者のアカリ
作者のアカリ
またね☺️