無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第291話

291話 背中



蘭side




誰かの為に、

どうしてここまでの事をしているのだろうか…?



そう思うほど、今の自分は、

正義感に満ち溢れていた。








人の為に、自分の仲間でもある、

組織の人間を倒し、

人の為に、誰かを信用し、

秘密の人間を明かした。











それは、廉くんの妹のあなたちゃんだったから?


条件があったから?










分からない。



何が私を動かしたのか、

全く分からない。






自分も全く無傷な訳じゃない。




1対3だもん。




殴られたり、蹴られたり、

痛いけど、

だけど………


















今の私は、今までの人生で1番好き。











そう感じた。














東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
(って、何考えてんだ、私……)



ところで、私が今相手してんのが、

普段監視担当の3人だから、

恐らく使用人も追いに参加しているだろう。




だとしたら、40人は居るだろうか?












まぁいい。この後楓が来るだろう。








そしたら、私達は最強だ。











まぁあいにく、停電したおかげで、

ライト、監視カメラ、

電波までやられて、

電話は一切通じないけど、

楓ならきっと分かってくれるでしょ。








「信じてるからね、楓」



























シュタッ

楓  (かえで)
楓 (かえで)
声に出てるんだよ、バーカ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
………本当の事だし、まぁいいよ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
やけに素直で、楓ちゃん嬉しい♡
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
キモイ、〇死ね
楓  (かえで)
楓 (かえで)
丸の意味とは?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ハッ‪w‪w




こんなやりとりも、いつぶりだろうか。




私の背中には、結局いつも、

楓が居ないといけなかったんだ。





楓  (かえで)
楓 (かえで)
何人居る?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
多分40ぐらいってとこ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
了解
楓  (かえで)
楓 (かえで)
なら手分け無しで
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
はーいよ




私達は、その場の3人を気絶させ、

他の見張りの元へと向かった。






































永瀬  You
永瀬 You
(どこッ!?)



あなたside


合流するって言っても、

こんな広い屋敷の中のどこにいるかなんて、

流石に双子の妹でも分からないよ!?




双子の兄のことが分からなければ、

友達のことは、分かるわけないし…






マジでどこ!?






優太
優太
うえッ!?あなた!?!?




はい、そう思ってたら、

速攻見つかりました〜‪w






永瀬  You
永瀬 You
岸くん!
優太
優太
ちょ、走って走って!!


でも、よ〜く見れば、

岸くんの後ろには、

10人以上の鬼の形相をした人が、

追ってきていましたね〜…














やっぱ、とことんついてねぇな!


おいッ!!







優太
優太
あなたッ!廉達と会ってないの!?
永瀬  You
永瀬 You
会ってない!
永瀬  You
永瀬 You
今合流しようとしてたところで…
永瀬  You
永瀬 You
まぁ、後色々あってさ!
優太
優太
色々…?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
あ〜、みーつけた
優太
優太
げっ、また来た…!
永瀬  You
永瀬 You
……?
永瀬  You
永瀬 You
(この人…どっかで……)
楓  (かえで)
楓 (かえで)
あっ、捕まえようとしてないからね!?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あれ?
あなたちゃん、すぐ会ったね?
永瀬  You
永瀬 You
あっ!蘭さん!
永瀬  You
永瀬 You
ってことは、お友達さん…!
楓  (かえで)
楓 (かえで)
お友達さん…?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
うん、だから後はもう大丈夫
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ここは私達で受け持つから、
他の5人も探して
永瀬  You
永瀬 You
はい!了解です!
優太
優太
………?





そして私達7人は、合流した。