無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第157話

157話 台


何でこんな事になってるんだろう…







そんなことを考える。













親が死んだ後……

いや、死んだと思っていた頃から、

おにぃと2人で過ごしてきたけど、

何で命まで狙われているのだろう。






しかも、実の母親に命を狙われるなんて…













誰が願うか、そんなこと。












てか、私そんなに悪いことした?












そんなに、お母さんの機嫌を損ねることした?












いや、してないでしょ。












何で命狙われてんのさ。




意味分かんないし。










犯人知ったのに、おにぃには言えないし、

なんなら母親生きてたのに、

あんなんになってるし。





てか言ったら、おにぃまで狙われかけないし。







マジでバッカじゃないの?







自分で自分にそう言ってる自分も嫌いだし、

こんな生活してる自分も大嫌いだ。






でも、それよりも、

あんな母親、大っ嫌いだし、

私の青春返せよ、マジで。
















今は、怒りしか湧かない。












もう何を考えても、怒りにしかならない。













死ね。




全員死ねばいいのに。












もう思考がおかしい。










自分で分かってはいるが、

それもまた、怒りに変わる。












徐々に自分自身が壊れ始めている。









































そう思い始めてからは一瞬だった。













パリンッ!!






永瀬  You
永瀬 You
もうヤダッ!!!
King&Prince
King&Prince
ビクッ!?







お母さんと会ってから、1週間後のことだった。











海人
海人
ど、どうしたの?あなた?
海人
海人
お皿、落としたよ?




洗っていたお皿が、滑って地面に落ち、

真っ二つに割れた。








それを気に、今まで我慢して、

留めていた何かが、

大きな音を立てて、私の中で破裂した。









何も考えられなくなって、

誰も信じられなくなった。












割れたお皿は、まるで今の自分みたいで、

“普通の生活”という台から、

滑り落ちた私は、

地面に叩きつけられ、

私の心は、真っ二つに割れた。












幸せという台は、

普通の台からも、ほど遠いところにあり、

どん底に落ちた私に、

幸せという台は、どこにも見えなかった。











ましては、普通の生活という台も、

全く見えることはなかった。