無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

72話 大きな問題
紫耀
紫耀
俺、あなたのこと追いかけてくるわ
ジン
ジン
うん



紫耀side




俺はあなたが出ていってすぐに、

あなたを追いかけた。



時刻は午後8時。


外はもう、真っ暗だ。





こんな時間に、女の子が1人で出歩くなんて、

危険すぎる。

























紫耀
紫耀
あなた!
永瀬  You
永瀬 You
ビクッ
紫耀
紫耀
良かった、居た…



走り疲れたのか、

トボトボと歩いていた。





だからすぐに見つかった。







永瀬  You
永瀬 You
ヒック……ヒック……
紫耀
紫耀
あなた…泣いてる…?



前から除くと、

あなたは下を向いてしまったが、

泣いていたようだった。





紫耀
紫耀
どうしたの?あなた
紫耀
紫耀
帰ろ?皆心配するよ?
永瀬  You
永瀬 You
嫌…
永瀬  You
永瀬 You
おにぃと、
しばらく顔合わせたくない…
紫耀
紫耀
そっか…じゃあ、あそこの公園行こ!
紫耀
紫耀
何でも聞くからさ、話してよ
永瀬  You
永瀬 You
……分かった

































︎︎
海人
海人
どうしたの?
廉
…………
玄樹
玄樹
はい、お茶。
これ飲んで少し落ち着きな
廉
ありがと…
優太
優太
珍しいね、喧嘩?
廉
そうなるんかな…
廉
あなたと喧嘩なんてしたことないから、よう分からんわ



そう、生まれてこの方16年。


生まれる前から一緒の俺らは、

喧嘩なんてしたことなかった。





そもそも喧嘩する理由も無くて、

兄妹喧嘩ならぬ、双子喧嘩とは、

無縁だったのだが、

遂に喧嘩した。







この後、どうしたらいいのか、

全く分からない。





































































紫耀
紫耀
で、何があったの?
永瀬  You
永瀬 You
昔のことを、ちょっと思い出して…
永瀬  You
永瀬 You
それに矛盾があって、
おにぃと話してたの…
永瀬  You
永瀬 You
それに感情移入しちゃって、焦ったせいで、おにぃに強く当たっちゃって…
永瀬  You
永瀬 You
そして、喧嘩した…
紫耀
紫耀
昔のことって、
お母さんお父さんのこと…?
永瀬  You
永瀬 You
そう…
永瀬  You
永瀬 You
この間、時効のこと知ってさ
永瀬  You
永瀬 You
それで、もしかしたらって調べたら、
もうあと3年しかなくて…
永瀬  You
永瀬 You
最近少し焦ってたから…
紫耀
紫耀
3年か…長いようで短いよな
永瀬  You
永瀬 You
うん
永瀬  You
永瀬 You
おにぃと喧嘩するの、
初めてなの
紫耀
紫耀
初めて!?
永瀬  You
永瀬 You
うん…喧嘩なんてする理由もなかったし…
永瀬  You
永瀬 You
だから、どうしたらいいか
分からないしさ…
永瀬  You
永瀬 You
私1人じゃ何も出来ないから…
紫耀
紫耀
まぁ要するに、困ってると
永瀬  You
永瀬 You
まぁ………
永瀬  You
永瀬 You
この喧嘩も、全部その犯人のせい…
永瀬  You
永瀬 You
その犯人が、何も罪を償わないで、
生きてるなんて、私が許さない
永瀬  You
永瀬 You
犯人が、罪を償わないのなら、
私が殺す…
紫耀
紫耀
あなた…









紫耀side


俺は何も言えなかった。



ただ、あなたが1人で溜め込んでいたものは、

俺が想像していたよりも、

遥かに大きな問題で、

そう簡単に、解決出来ることではなかった。





永瀬  You
永瀬 You
あっ、でも時効までに見つけるから、ちゃんと逮捕されるだろうし、
殺さないよ?
紫耀
紫耀
あっ、うん
永瀬  You
永瀬 You
それに、これを機に1人で
色々頑張ってみる
紫耀
紫耀
何か手伝えることがあったら、
俺も手伝うよ
永瀬  You
永瀬 You
うん。ありがとう