無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第251話

251話 大きな意味をもつ話
楓  (かえで)
楓 (かえで)
あなたちゃん達、
無事に軽井沢まで着いたみたいですよ
お母さん
ふ〜ん…
楓  (かえで)
楓 (かえで)
何で軽井沢に移動させたんですか?
お母さん
あの山小屋は、場所がバレてるでしょ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
…?軽井沢の御屋敷だってバレてるじゃないですか
お母さん
そうね‪w
楓  (かえで)
楓 (かえで)
どうしてですか?
お母さん
そんなに気になる?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
はい。聞けることは
聞いといた方がいいので
お母さん
フフッ…そうなのね
お母さん
まぁ理由は単純に、
軽井沢の方が広いから
お母さん
仮にも全員芸能人な訳だから、
もしあんな山小屋から出て来るところがバレたら、まずいでしょ?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
なるほど……
楓  (かえで)
楓 (かえで)
あなたちゃんのこと、大事にされているのかと思っていました
お母さん
誘拐してんのに、そう思ってんの?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
あぁ!確かにそうですね‪w
お母さん
あなた天然?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
天然?
お母さん
違うわよね?
お母さん
あなた、何企んでるの?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
企み?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
まさか!‪
私なんか、何も出来ませんよ‪w
お母さん
意地でも言わないつもりね
楓  (かえで)
楓 (かえで)
ニコッ
お母さん
まぁ、何でもいいけど、
お母さん
私を殺す気なら、
この件の幕を下ろした後にしてよ?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
えぇ、ぜひ最期まで
ご一緒したいと思います
お母さん
ハッ‪wアンタ蘭には媚び売ってるけど、
実は相当腹黒ね‪w
お母さん
私は嫌いじゃないけど‪w
お母さん
でもまぁ、敵として見るなら、
蘭より怖いかもね
楓  (かえで)
楓 (かえで)
蘭と私が戦っても、
勝つのは絶対蘭ですよ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
銃なり、ナイフなりを使うとしても、
蘭と戦うのは分が悪すぎる
楓  (かえで)
楓 (かえで)
私、負け戦には首を突っ込まないので
楓  (かえで)
楓 (かえで)
蘭や、あなたちゃんみたいな、
バカ正直者とは、ひと味違うと思いますよクスッ
お母さん
そんなの最初から分かってるわよ‪w
お母さん
だから本当は、
蘭が良かったんだけどね
お母さん
ちょっと…ね‪?
お母さん
まぁ、アンタが来たってことは、
もう勝ちを確信してるのよね?
お母さん
大人を舐めてもらっちゃ、困るわね
楓  (かえで)
楓 (かえで)
舐めてはいませんよ‪
楓  (かえで)
楓 (かえで)
ただ、確信はしてます
お母さん
そう…楽しみにしてるわ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
えぇ、お楽しみに









その話を、近くで聞いていた、

手下は、何が何だかさっぱり?

という顔をしていた。








きっと、蘭やあなたが聞いても、

その内容は分からない。







これは、頭の良い2人による、

2人にしか分からない、

大きな意味のある話なのだ。




















まぁ、後に全員が分かるけどね?‪w






























東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
さ〜てと!動きますか!



あなたが連絡したあの日の夜中、

紫耀から、蘭にも連絡が周った。







そして翌日。





東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ま、“初心に帰る”とでも言うのかな
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
腰抜かさせてやっから、
覚悟しとけよ…



そう意気込んだ。