無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話

111話 真相
永瀬  You
永瀬 You
犯人は、お母さん…?




その原作者は、お父さんを殺した犯人で、

その原作者が、お母さん…?






永瀬  You
永瀬 You
違う違う!!
永瀬  You
永瀬 You
お母さんが犯人な訳ない!!




そう言いながらも、

お母さんが、あの事件の犯人だとしたら、

全ての辻褄が合うことを、

嫌でも自覚してしまう。





凶器のナイフから、

私達の指紋しか出てこなかったこと…




お父さんの悲鳴が聞こえなかったこと…




不可能な点が、お母さんの反抗だとしたら、

全て上手くいく。



お母さんなら、できたことだ。














永瀬  You
永瀬 You
でも何で…?
永瀬  You
永瀬 You
お母さん、お父さんが死んだとき
泣いてたじゃん…



そう。



お母さんは、あの朝、

私達と同じぐらい泣いてた。



“夫は殺されるような人じゃない”


そう言いかながら。












そうなんでしょ…?



殺されるような人じゃないんでしょ?






何で、お母さんが…
















お母さんが、お父さんを殺した犯人なら、

お母さんが自殺した理由は、

ショックなんかじゃなくて、

自分が捕まらない為…

そして、自分の犯行が見つからない為…













そんな…



今までお墓に行くたびに、

犯人の話して、

“犯人が分かったら教えるね”

なんて言って…




ずっと、その犯人に言ってただけじゃん…







バカすぎる…

















原作者がお母さんなら、

あの脚本は、

犯行計画であり、

私達双子の、未来予想図だったんだ…






それを、私と一緒にドラマで見て…





そして、最終回の犯人が分かる前に、

自分を犯行をする。














お母さんの完全犯罪だったんだ…









永瀬  You
永瀬 You
グスッ…何でお父さんを……



私は、涙が止まらなかった。




今まで散々恨んでいた相手は、

実の母親で、

実の母親がその子供の将来を、

グチャグチャに壊していたなんて…






こんな辛い思いをするぐらいなら、

犯人なんか知らなきゃ良かった…





お父さんを殺した理由も、

本人に聞けない…















こんなの、おにぃに言えないよ…