無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第183話

183話 頼れない




紫耀side



いや…人数多すぎでしょ…




さっきから、

めっちゃ殴りかかってくる人多いし…




あなたも息上がってきてるし…









てか、本当に何してるんだ…



あなたの救出で、何でこんなことに…







そういえば、今俺って、

マフィアの人達と戦ってることになるの?






いーや…それはやばいでしょ…





拳銃とか持った、

やばい人が居なくて良かった〜…




とは思うけど、

そんなこと言ってる場合じゃないんだよな…













紫耀
紫耀
あなた?
永瀬  You
永瀬 You
何?
紫耀
紫耀
俺さ、この連中、
ちょっとぶっ飛ばしてくるわ
永瀬  You
永瀬 You
はぁ!?何言ってんの!?
紫耀
紫耀
だって、こんなのキリないじゃん
永瀬  You
永瀬 You
いや、ダメ
紫耀
紫耀
何で?
永瀬  You
永瀬 You
色々考えて、色々とダメ
紫耀
紫耀
色々って何?
永瀬  You
永瀬 You
教えてる時間は無い
紫耀
紫耀
俺の言葉…
永瀬  You
永瀬 You
これは、マネージャーとしての
私からの命令と、
永瀬  You
永瀬 You
私自身からの命令
紫耀
紫耀
どういうこと?
永瀬  You
永瀬 You
とにかくダメってこと
紫耀
紫耀
………そう言われてもな〜…
永瀬  You
永瀬 You
時間稼ぎなんでしょ?
永瀬  You
永瀬 You
来るんでしょ?
永瀬  You
永瀬 You
なら、それまでは待つ
永瀬  You
永瀬 You
本番はそこから
永瀬  You
永瀬 You
分かった?
紫耀
紫耀
う〜ん……
永瀬  You
永瀬 You
返事は!
紫耀
紫耀
は〜い…





それじゃあ、あなたが持たないでしょ…




息上がってるくせに…


無理してるくせに…




あ〜あ、何でこういう時は

頼ってくれないのかな〜…







永瀬  You
永瀬 You
頼れる訳無いでしょ…
永瀬  You
永瀬 You
ただでさえ、
私は巻き込んでる側なのに…
永瀬  You
永瀬 You
紫耀こそ、巻き込まれてる側なの
自覚してる?
永瀬  You
永瀬 You
私の事囮にして、逃げていいんだよ?
永瀬  You
永瀬 You
紫耀1人なら逃げられるでしょ
永瀬  You
永瀬 You
逃げなよ
永瀬  You
永瀬 You
今なら行けるよ?
永瀬  You
永瀬 You
ほら、私がくたばらないうちに早く
紫耀
紫耀
はぁ〜…本当に…
紫耀
紫耀
そういうとこ嫌い
永瀬  You
永瀬 You
ッ………
紫耀
紫耀
そう言われたら傷つくくせに
永瀬  You
永瀬 You
………別に
紫耀
紫耀
まぁ、そんなところも好きだけど…




そう言って、

俺はあなたを小屋の中に入れた。





そして、ドアの前に立って、

1人で守ることにした。






永瀬  You
永瀬 You
紫耀…
紫耀
紫耀
今集中してるから、
話ならちょっと待って





数多いこの相手に、

意識を集中させないと、

流石に1人じゃキツすぎる。





ハッキリ言って、余裕は全くない。




カッコつけてあんなこと言ったけど、

そんな余裕、今は無い。



















でも、それもすぐ終わる。





東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
お前ら……本当に何してんの…
ヒィッ!!蘭様…
紫耀
紫耀
遅せぇ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ごめん、色々あった




そして、東雲 蘭はこっちに来て、

あなたを見た。