無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第49話

49話 嫌い



次の日…















昨日、家に帰ってから、

また色々考えたものの、

答えは出なかった。









そんな中、相変わらずトレンドから、

私の名前は消えない。









そして今、私は学校に居る。







なぜなのだろうか…





ちょっと来なさいよ



数名の陽キャ女子に囲まれている。







おにぃは?


と思い、隣を見ても、

席には居ない。







そういえば、さっき、

“ジャニーさんから連絡きた”

とか言って、出てったっけ?











永瀬  You
永瀬 You
えっと、ここで話せない事ですか?



と聞いたところで、

まぁ大体、察しはつく。







いいから、来いって言ってんの
永瀬  You
永瀬 You
裏の顔出てますよ〜ボソッ
あぁ?なんだよ
永瀬  You
永瀬 You
いや、なんでもないです




咄嗟につっこんでしまった。


















のは、まぁいいとして、

さてこの状況どうするか…







おにぃが戻ってくるまで、

何とかここで粘るか…




どうせこの女子達も、

おにぃが来たら、逃げるだろうから…















なんで分かるのかって?




いっつもこの女子達、

おにぃや、紫耀…

キンプリのメンバーに、ぶりっ子として、

絡んでるから。









こういうぶりっ子には、

必ず裏がある。






そして私は、こういうぶりっ子が、

1番苦手で、嫌いだ。














永瀬  You
永瀬 You
えっ、何でついて行かなきゃ
いけないんですか?
永瀬  You
永瀬 You
嫌です
永瀬  You
永瀬 You
そもそも、ここで話してくださいよ
永瀬  You
永瀬 You
皆に聞かれちゃまずいことを、私に言うなり、するなりするんですよね?
永瀬  You
永瀬 You
何で、そんな所について行かなきゃ
いけないのか…
永瀬  You
永瀬 You
それに、これをおにぃ達が見たら、
きっとあなた方の事凄く嫌いますよ?




遠回しに、ぶりっ子は嫌いだと言う。





おにぃ達も、ぶりっ子は嫌いだ。








特に、おにぃはきっと。














ムカッ


その女達は、明らかにイライラしてるようで、

まるで鬼…






いや、般若の形相だ。















なんなのよ!歯向かう気!?
1人じゃ何も出来ないくせに!



思いっきり、手をグーにして、

振りかぶってくる。







殴られる…!