無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第218話

218話 嵐前の静けさ…?





紫耀side




12月半ば












最後の冬休み、

クリスマスが近づいてきた頃、

気づけば、俺へのストーカーは無くなっていた。








でも、だからといって、

あなたが付けられることも

無いみたいだし、

至って平和な日々が続いている。
























ただ、この静けさが、

逆に心配になったりする。
















嵐前の静けさ………




















なんてね…‪w





















永瀬  You
永瀬 You
う〜ん…もう年末か〜…
永瀬  You
永瀬 You
卒業も近いな〜…
海人
海人
あと3ヶ月しかないからね〜…
海人
海人
まぁ、卒業したって、
俺達は嫌でも毎日会うだろうけどね‪w
海人
海人
このシェアハウスがある限りは‪
永瀬  You
永瀬 You
このシェアハウスがある限りはね〜…
海人
海人
まぁ、あなたは危なっかしいから、
俺達と一緒にいる方がいいよ‪w
海人
海人
その方が、俺らが安心‪w
永瀬  You
永瀬 You
何か、軽くディスってる?
海人
海人
えー?そんなことないよー?
永瀬  You
永瀬 You
嘘つけ!
海人
海人
アハッ‪w
永瀬  You
永瀬 You
まぁ、年末はこのシェアハウスを
空けることも、多くなるだろうね
海人
海人
歌番組とか山積みだからね〜
永瀬  You
永瀬 You
今年も無事紅白決まって何よりだよ
海人
海人
ありがたいね〜
永瀬  You
永瀬 You
まぁ、その分私も忙しいんだけどさ
海人
海人
あなたはテレビ出ないの?
永瀬  You
永瀬 You
出る出る
永瀬  You
永瀬 You
てか何なら、紅白の審査員席にいるよ
海人
海人
えっ!?マジで!?
永瀬  You
永瀬 You
あれ?言ってなかったっけ?
海人
海人
言ってないよ!
永瀬  You
永瀬 You
ごめんごめん‪w
永瀬  You
永瀬 You
さ〜てと、
私理科のレポートまとめないと
海人
海人
え?何それ?
永瀬  You
永瀬 You
3日ぐらい前に貰ったやつ
永瀬  You
永瀬 You
明日提出なんだけど、
何も書いてないんだよね〜‪w
海人
海人
えっ!?ちょっと待って!
海人
海人
俺もやんなきゃ!
海人
海人
一緒にやろ!?
永瀬  You
永瀬 You
ハイハイ‪w








ここ最近、平和な日々が続いてる。












おにぃとも、時間経過もあってか、

和解したし、

本当に順調だ。












紫耀のストーカーも居なくなったみたいだし、

本当に安定した毎日だ。


















ただ、本当にお母さんが、

今何を考えているのか、

予想もつかない。


















が、






海人
海人
最近俺さ〜、
何か誰かに付けられてんだよね〜…
永瀬  You
永瀬 You
!?


ガタッ!!



海人
海人
ちょ、イス倒れるから!
海人
海人
そんなに驚かなくても…‪w



ビックリして、イスから落ちそうになった。





永瀬  You
永瀬 You
えっ…?
永瀬  You
永瀬 You
いや、ちょっと……
永瀬  You
永瀬 You
ごめん、その話詳しく聞かせて
海人
海人
あぁ、うん