無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第226話

226話 掴んだチャンスは
永瀬  You
永瀬 You
だから、もう世間にはデマだったと
知れ渡ってるじゃないですか!
事務所の人
知れ渡っていたとしてもです
永瀬  You
永瀬 You
何がですか!?
永瀬  You
永瀬 You
あれからもう4ヶ月です!
永瀬  You
永瀬 You
そろそろ良いじゃないですか!
事務所の人
もし、2度目があった時、
事務所側としても困るんです
事務所の人
2度目は、誰も信じません
事務所の人
今、莫大な人気を得ているんですからそれをここで落とす訳にはいかない
事務所の人
マネージャーですし、
お分かりですよね?
永瀬  You
永瀬 You
それは分かっています……でも…!
事務所の人
今回は、あなたの顔は見えていなかった為良かったですが、
事務所の人
あなただって、熱愛報道なんて出たら困るんじゃないですか?
事務所の人
きっと、仕事に影響出ると思いますよ?
永瀬  You
永瀬 You
だから分かってますって!




そんなこと分かっている。





でも、この4ヶ月で気づいたんだ。




この熱愛報道の元凶…










写真が、お母さんの仕業だったとしたら…



















この、私が動けない間に、

必ず何かが起こる。












気づけたんだ。



せっかく、掴んだチャンスなんだ。















自分の仕事がどうとかより、

6人の安全の方が優先だ。












事務所の人
そんなに急いで、まさか本当に付き合ってるんじゃないでしょうね?
永瀬  You
永瀬 You
………はぁ…
永瀬  You
永瀬 You
すみません……
事務所の人
は…?
永瀬  You
永瀬 You
バカなんですか?
永瀬  You
永瀬 You
付き合ってる訳無いでしょ
永瀬  You
永瀬 You
これでも私、女優っていう仕事と
マネージャーを兼任してるんですよ
永瀬  You
永瀬 You
そんな余裕あると思います?
永瀬  You
永瀬 You
あと、勘違いされてるようなので
言っておきますが、
永瀬  You
永瀬 You
私の本業は、女優じゃなくて、
マネージャーです
永瀬  You
永瀬 You
King&Princeのね
事務所の人
……………





「何言ってんだコイツ…」


事務所の人は、そんな目で私を見ていた。












別にそれで構わない。







私が何と言われようと、

どうでもいいのだ。









それよりも大事なことが、

今、近くにあるのだ。










急がなきゃいけないこと。










事務所の人
……はぁ…分かりました…
事務所の人
もう制限は付けません
永瀬  You
永瀬 You
!!
事務所の人
ですが、2度目は無いよう
よろしくお願いしますよ?
永瀬  You
永瀬 You
はいッ!!





そして私の“しばらく”は終わった。






















































午後8時



シェアハウス




永瀬  You
永瀬 You
ただいまッ!
永瀬  You
永瀬 You
やっと制限とれたよ〜…!
玄樹
玄樹
あ、それは良かったね…
永瀬  You
永瀬 You







喜んだのも、つかの間のこと。




私は、シェアハウスの空気に、

異変を感じた。









紫耀
紫耀
なぁあなた。海人知らね?
永瀬  You
永瀬 You
えっ…?
ジン
ジン
昼には仕事終わってるから、
もう帰ってきてるはずなんだけど…
廉
一向に帰ってこないんよ
優太
優太
連絡も入ってないし…
優太
優太
あなたのところに、何かきてない?












一足、遅かったのだ。