無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話 毒
おじさん
ね?美味しくなったでしょ?
永瀬  You
永瀬 You
は、はい
おじさん
じゃあ、あなたちゃんもう一杯飲む?
永瀬  You
永瀬 You
いや、大丈夫です
おじさん
遠慮しなくていいから!ほら!
おじさん
口開けて〜



カランコロン




店長
いらっしゃいませ!どちらをご指名…
???
オッサン、何してんの?
おじさん
は?


ザバー




永瀬  You
永瀬 You
おにぃ!?



後ろに居たのは、

紛れもない、私の双子の兄で、

おにぃだった。






おにぃは、私に飲ませようとしてた、

その酒を、おじさんにかけたのだ。






おじさん
このクソガキっ!何するんだよ!
おじさん
お前もあなたちゃんを
指名してんのか!?
廉
はぁ?何言ってるん?
おじさん
だから、この可愛いあなたちゃんを、指名したのか聞いてるんだよ!
廉
可愛い?そんなの当たり前やろ
廉
俺の自慢の妹やからな
おじさん
はぁ!?
廉
それに、あなたは指名なんかしなくても、俺のもんやし
廉
あなた、帰ろ
永瀬  You
永瀬 You
えっ、あっ、うん!
永瀬  You
永瀬 You
ふぁ〜(´O`)おにぃ、眠たい…
廉
えっ?今?
廉
てか、酒の匂い…
永瀬  You
永瀬 You
パタッ
廉
えっ、ちょっ!?



あなたは、

廉にもたれかかって、寝てしまった。






廉
オッサン、あなたに酒飲ませたやろ
おじさん
そうだな〜、このジョッキ2杯
おじさん
それにこの隠し味を入れてね
廉
なんや、隠し味って
おじさん
第4級アンモニウム塩って知ってるかな?
廉
アンモニウム塩…
おじさん
洗剤とかに入ってる毒でな、人体に入ると、健康被害を起こすんだよ‪w
廉
はぁ!?何で毒を!
おじさん
可愛かったから、全て俺のモノにしちゃおうと思ってね
おじさん
最悪死ぬ場合もあるみたいだよ‪w
廉
クッソ…
廉
ひとまず、病院に行かないと…




また、俺の前から、

家族が居なくなってしまう…





せっかく今回は、

死因も、分かってるのに…




どうか、あなたを助けて…































救急病院








廉
洗濯をしてた時に、洗剤をこぼしてしまったみたいで、それを飲んでしまったみたいなんです
廉
その洗剤、調べたら第4級アンモニウム塩が入ってるみたいで…
医者
それ、毒じゃないですか!
医者
ひとまず解毒薬の点滴をします































解毒薬の点滴をしてる間、

俺はずっとあなたの横にいた。