無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第224話

224話 大きく動き始める時




































































































思えば、あの卒業式の日が、

私達の最後の

楽しかった出来事だったのかもしれない。





あれから、何か楽しいことがあった?





楽しいことなんて、ある訳無い。




































永瀬  You
永瀬 You
何で…居るの…
お母さん
ん〜?話に来たのよ‪w
永瀬  You
永瀬 You
あなたと話すことなんて無い
お母さん
だ〜か〜ら、私があるから、
わざわざ来てるのよ‪w
永瀬  You
永瀬 You
…………




これは、4月初め、

女優として1人でいたときの、

楽屋での出来事。







お母さん
ねぇ?聞いてる?
永瀬  You
永瀬 You
…………



私は無視して、アンケートを書き始めた。



お母さん
まぁいいや
お母さん
あなたは知らないでしょうけど、私、
紫耀くんと去年の8月ぐらいに会ってるのよ
永瀬  You
永瀬 You
……何で?
永瀬  You
永瀬 You
手出してないよね?
お母さん
まさか‪wもしろ私が、殺気だけで
殺されそうになったわよ
永瀬  You
永瀬 You
………
お母さん
その時にね、裏切り者の話をしたの
お母さん
私のところに、あなたが熱出たことを教えた裏切り者が居るって話をね
永瀬  You
永瀬 You
………
お母さん
その時、紫耀くんは俺達の中にそんなことをする人は居ないって言ったの
永瀬  You
永瀬 You
………
お母さん
でも、1つ教えてあげるわよ
お母さん
廉と蘭は繋がってるわよ
永瀬  You
永瀬 You
………だから?
永瀬  You
永瀬 You
おにぃが蘭さんにその事を言って、
蘭さんがお母さんにその事を伝えたなら、
永瀬  You
永瀬 You
裏切ったのは蘭さんでしょ?
お母さん
バカね〜…
お母さん
廉の中では、蘭はまだ敵でしょ
お母さん
だって、あの誘拐のことを
何も知らないんだから
お母さん
それとも、まさか誘拐の時のこと、
話した訳?
永瀬  You
永瀬 You
いや…話してないけど…
お母さん
でしょうね‪w話してるなら、
バカにも程があるわよ







いや、どういうことだ。




要するにこの人は、

おにぃが裏切り者だと言いたいのか?












でも、それだとおにぃも、

お母さんのことを知ってることに…













…は、ならないのか…












ただ、蘭さんに言っただけ。










知ってる可能性もあるが、

知らない可能性もある。








お母さん
とにかく、全員が怪我無しで帰れるとは、思わない方がいい
永瀬  You
永瀬 You
おにぃ達には、手出さないで
って言ってるでしょ
お母さん
それを私が聞くとでも?
永瀬  You
永瀬 You
………







事が大きく動き始めたのは、

この翌日からだった。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


作者のアカリ
作者のアカリ
お気に入りが1000いきました!
作者のアカリ
作者のアカリ
完結までにいったらいいな〜と思ってたんですけど、まさかこんなにも早くに…!!
作者のアカリ
作者のアカリ
本当に、本当にありがとうございます!