無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第175話

175話 王子様とお姫様



そして、泣きやみ、

落ち着いてきた頃…



永瀬  You
永瀬 You
ねぇ、紫耀…?
紫耀
紫耀
ん?何?
永瀬  You
永瀬 You
その事さ、おにぃに言ったの…?
紫耀
紫耀
いいや、言ってないよ
紫耀
紫耀
基本的には、俺らは部外者だし
紫耀
紫耀
それに、あなたが言ってないのに、
俺らが言うのも…ね?
永瀬  You
永瀬 You
そっか…良かった。ありがとう
紫耀
紫耀
廉には言わないの?
永瀬  You
永瀬 You
うん。しばらくはね
永瀬  You
永瀬 You
全て解決したら教えるよ
紫耀
紫耀
そっか…







もし、私が死んだ時の話はしなかった。




私は短命で、あと何年

生きられるかも分からない。



でもそれは、誰のせいでも無い。



例え、そのお医者さんが、

私の事を発見していても、

きっと未熟児だったことに、

変わりはないだろうし。




おにぃが元気なら、私はそれでいい。





紫耀
紫耀
でもさ、きっと廉は教えてくれるのを待ってると思うよ…?
紫耀
紫耀
まぁ、血の繋がってない、
他人の言うことですけど…‪w
永瀬  You
永瀬 You
いや、血が繋がってなくても、
分かることはあるからね‪w
永瀬  You
永瀬 You
それに、多分おにぃも
そう思ってると思うよ
永瀬  You
永瀬 You
言いはしないけどね
紫耀
紫耀
分かってるなら、 
俺が言うことはもう無いね
永瀬  You
永瀬 You
うん、大丈夫
永瀬  You
永瀬 You
……………
紫耀
紫耀
……………
永瀬  You
永瀬 You
あのさ…
ちょっとだけ、弱音吐いていい?
紫耀
紫耀
俺でいいなら、全然どうぞ?
永瀬  You
永瀬 You
何がとは言わないけど、
想像してなくてさ、こんなの
永瀬  You
永瀬 You
まさか、こんなことになるとは
思わなかった…
永瀬  You
永瀬 You
せっかく玄樹が、知らなくていい事も
あるって忠告してくれたのに…
永瀬  You
永瀬 You
私、諦め悪いからさ…
永瀬  You
永瀬 You
どこまでもどこまでも、
知らなくていい事まで知っちゃって…
永瀬  You
永瀬 You
結局、今みたいに監禁されてる
永瀬  You
永瀬 You
本当は、日光と月明かりしか入らない、この場所が怖くて、怖くて仕方ないし…
永瀬  You
永瀬 You
でもそれよりも、殺されかけたことが、本当に怖かった…
紫耀
紫耀
(殺されかけた…?)
永瀬  You
永瀬 You
紫耀、いつかここから出してくれる?
紫耀
紫耀
絶対出す!
紫耀
紫耀
今は無理だけど…
紫耀
紫耀
絶対に救出するから!
紫耀
紫耀
少しだけ待ってて!
永瀬  You
永瀬 You
うん‪w待ってる
永瀬  You
永瀬 You
紫耀は、本当の王子様だね
紫耀
紫耀
俺が!?こんなバカなのに!?
永瀬  You
永瀬 You
王子様にバカとかは関係ないよ‪
永瀬  You
永瀬 You
でも、関係あるのかな…?‪w
紫耀
紫耀
おいッ!‪w
紫耀
紫耀
でも、そしたらあなたは、
囚われたお姫様だね
永瀬  You
永瀬 You
クスッ…お世辞は十分だよ
永瀬  You
永瀬 You
てか、そろそろ帰った方が
いいんじゃない?
永瀬  You
永瀬 You
仕事が終わる時間から、
もう大分遅れてるでしょ
紫耀
紫耀
そうだ!急げって言われたんだ!
紫耀
紫耀
まぁ、いっか‪w
永瀬  You
永瀬 You
いいの?‪w
紫耀
紫耀
大丈夫だ‪w
紫耀
紫耀
じゃあ今日は帰るわ
紫耀
紫耀
またな
永瀬  You
永瀬 You
うん、またね




そして紫耀は帰っていった。