無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

56話 説教
永瀬  You
永瀬 You
あぁそっか…お疲れ様。皆も


コンサートが終わり、

私は、楽屋に向かった。









コンコン




永瀬  You
永瀬 You
入るね〜



ガチャ



永瀬  You
永瀬 You
あっ…/////
永瀬  You
永瀬 You
すみませんでした/////







皆、シャワー前らしく、

上半身裸だった…








だから、それに私は弱いんだって…/////








廉
いやいや、別にそんなに恥ずかしがらんとも、上だけやん‪w
永瀬  You
永瀬 You
いいから上着てよ!/////
海人
海人
真っ赤〜‪w



私は両手で顔を隠した。






紫耀
紫耀
耳も真っ赤だけどね?‪w
永瀬  You
永瀬 You
カァ//////////




私は後ろを向いた。







ジン
ジン
照れすぎ照れすぎ‪w
永瀬  You
永瀬 You
早くシャワー行けぇ!!
優太
優太
は、はいッ!!!






バタバタと走っていく音が聞こえて、

やっと前を見た。







顔というか、全身の、

火照りが収まらないまま、

ひとまず、6人の楽屋に入った。















永瀬  You
永瀬 You
あぁ〜…
永瀬  You
永瀬 You
またマーキング癖がぁ…



海人のマーキング癖のおかげで、

また楽屋が汚くなっている…







昼公演が終わった後片付けたのに…




















で、何となく片付けてると…

















ガチャ
















永瀬  You
永瀬 You
ん?おかえり…
永瀬  You
永瀬 You
って…カァ////////
永瀬  You
永瀬 You
何で服着ないの…?/////




バスローブを着て出てきた6人…






エロいって…ガチで/////














廉
ギュッ
永瀬  You
永瀬 You
な、何!?
廉
疲れた…
永瀬  You
永瀬 You
お疲れ様
永瀬  You
永瀬 You
服着よ?
廉
癒してや…
永瀬  You
永瀬 You
はい?いや、それより服着ようよ
海人
海人
疲れたんだって、廉‪w
永瀬  You
永瀬 You
カッコよかったよ
永瀬  You
永瀬 You
ただ、何個か言いたい事が…
永瀬  You
永瀬 You
だから、私とりあえず出るから、
服着て?
紫耀
紫耀
別に出なくてもいいよ?
紫耀
紫耀
後ろ向いてれば?
永瀬  You
永瀬 You
あぁ…じゃあそうするから、
頼むから早く服着て






もう何でもいいから、服を着て欲しい。






照れ隠しが限界だ。












私は、後ろを向くと、

一気に顔が赤くなったのが分かった。
















玄樹
玄樹
顔真っ赤だね?‪w
永瀬  You
永瀬 You
見ないでッ!


















で、何とか全員ちゃんと服を着て、

私は話し始めた。






永瀬  You
永瀬 You
あのさぁコンサート中、そんなに私の方見て笑わないでくれる!?
海人
海人
だって真っ赤っかなんだもん‪w
優太
優太
それな!まじで照れすぎ‪w
永瀬  You
永瀬 You
後、水鉄砲使う時、狙ったでしょ!?
永瀬  You
永瀬 You
マジでちょっと寒かったんだから








てな感じで、まぁ疲れそうだから、

優しめに、ちょっとだけ説教をして、

帰ったとさ。