無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

69話 蘇る
廉
あなた
永瀬  You
永瀬 You
おにぃ!!
廉
ここ座って見学だってよ
永瀬  You
永瀬 You
了解!


おにぃに呼ばれ、

イスに座って、セットを見る。



そこには、女の子と男の子がいる。



監督
小さい頃、どんな遊びしてた?


そして、私達のところに、

監督がきて、そう言った。




廉
俺は、父さんとゲームしてました‪w
監督
ゲームか‪wあなたちゃんは?
永瀬  You
永瀬 You
お母さんと、このドラマ見てました…
監督
そうかい‪w面白かったかい?
永瀬  You
永瀬 You
はい。推理したりしてました…
監督
そうか、そうか



そして監督は去っていって、

セットには、両親役の、

女優さんと俳優さん2人が入った。





廉
あなた、別に監督も俺らの親のことは知らないんだから、言わなくていいんやで?
永瀬  You
永瀬 You
違うよ…ただ少し、何でこんなにあの事件と似てるのかな、
と思ってたら言っちゃった
廉
まぁ、おかしいよな…
廉
もしかしたら、犯人はこのドラマを
見てた奴なのかもな
廉
これを見て、この方法で
殺そうと思ったんやない?
永瀬  You
永瀬 You
凄い嫌な感じ…
廉
だからあんま、
深く考えない方がいいねん
監督
3、2…
廉
ほら、始まるで
永瀬  You
永瀬 You
うん







監督の声と共に、

セットでは、子役の子と、

親役の人が、遊び始めた。



それこそ男の子は、お父さんとゲームして、

女の子は、お母さんとテレビを見て、

話している。












私もそうだった。




ドラマで何か起こる度に、

お母さんを呼んで、

「ほら!」と話しては、

ソファーの上で飛んで…





そういえば、1回転んで頭ぶつけたな…




テーブルの角にぶてけて、

本当に痛かったな‪w
















と、思ってるうちに撮影は進んでいき、

父親が殺されている場面。




永瀬  You
永瀬 You
ッ………


あまりにもリアルだった…




朝の7時ぐらいで、カーテンを開けず、

外からの明かりだけの、

少し薄暗い部屋。



その部屋で、ナイフが刺さった父親。



そこから出てる大量の血は、

血糊とか色水だって分かってるけど、

怖かった。












だって、私が7年前に見たのは、

本物の血だったから…






嫌だ…




咄嗟に拒絶反応が出た。








永瀬  You
永瀬 You
ハァハァ……
廉
あなた大丈夫か?
永瀬  You
永瀬 You
大丈夫…


既に顔は伏せて、見ていなかったが、

セットから聞こえる、

女優さんの、必死に警察にの人に、

状況を説明してるのが聞こえて、

7年前のあの映像が、

鮮明に蘇る。









私は、過呼吸を起こしていた。