無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

46話 身に覚えがない
振り付け師
あれ?誰この可愛い子…?
振り付け師
こんな子居たっけ…?
King&Prince
King&Prince
ん…?
King&Prince
King&Prince
あぁ!
廉
すいません!
それうちのマネージャーです!
振り付け師
あら!マネージャーさん!
振り付け師
すっごい美少女ね
廉
ありがとうございます‪w
振り付け師
ありがとうございます?
廉
あっ、えっと俺の妹です。
振り付け師
あぁ〜、なるほどね〜
ジン
ジン
あなた〜、起きて〜
振り付け師
寝かしとけばいいじゃない
振り付け師
疲れてるのよ、きっと
廉
ホント、すいません
振り付け師
ぜーんぜん。もしろこの可愛い寝顔が見れるなら、得した気分!
廉
そ、そうですか‪w






何か、振り付け師さんに、

あなたは気に入られたらしい…






きっと起きてたら、人見知りだし、

混乱してたんだろうな〜…と思う。















まぁ、気に入られたなら、

それでいっか‪w















永瀬  You
永瀬 You
(ृ ˘ ꒳ ˘  ृ  )ुすやすや


































































2時間後…





永瀬  You
永瀬 You
٩(´o`⸝⸝)۶:.*フワァ~
永瀬  You
永瀬 You
ん…?
永瀬  You
永瀬 You
ヤバい!!寝てた!?
永瀬  You
永瀬 You
って…あれ…?
永瀬  You
永瀬 You
皆…どこ行った?
永瀬  You
永瀬 You
………






皆の荷物は置いてあるから、

少なくともまだこの場に

居るのは間違いないけど、

一体どこに行ったんだか…









1人で居るのやだし、

探しに行こっかな…




















永瀬  You
永瀬 You
先にトイレ行こ















この頃、6人は…





玄樹
玄樹
ねぇ、あなたの事、
置いてきて良かったの…?
廉
まぁ、いいんやない?
廉
あなたのバックの所に、
メモ置いてあるし
玄樹
玄樹
そっか!なら大丈夫か
廉
おん



















一方、あなたは…




永瀬  You
永瀬 You
さーて、どこ行ったんだか



メモなんか、

知るよしも無いのであった。
















そして、とぼとぼ1人で

歩いていると…




記者
あれ!?君今すっごい話題になってる、美少女じゃない!?
永瀬  You
永瀬 You
はい?
記者
King&Princeがこの間表紙を飾った雑誌で、端っこに写ってる、女の子が凄い美少女だ、って
永瀬  You
永瀬 You
永瀬  You
永瀬 You
人違いではないでしょうか?
永瀬  You
永瀬 You
私には、身に覚えがないのですが…



私がマネージャーになってから撮った雑誌は、

まだ発売されていない。




いや、そもそも何故私が端に写るんだ…






記者
えっ…?でもこれ、君じゃ…




その男性に見せられたスマホには、

明らかに私が写ってた。

















そしてこれは…





マネージャーになる前に、

病院帰りに、仕事に寄った時のやつ!