無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第191話

191話 2人の関係



そんな時、あの人がこのアジトにやってきた。




しかも、お父さんと一緒に。












私達2人が、18歳の時だった。









何事かと思い、当主に聞くと、

条件と、私に任せるとだけ言って、

帰っていった。











東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
はぁ?




初めて、お父さんに喧嘩を売りそうになった。







その時ばかりは、それだけで、

当主だということが分かっていた為、

飲み込んだが、

楓も意気消沈していた。












私達2人の気持ちは、ただひたすらに、

『この人、何言ってんの…?』

という気持ちだった。










お父さんが、私達2人をコンビとして育てて、

日本でのこのアジトを、

私と楓の2人に任し、

2人で戦わせてきたのに…






どうしてここで、私だけなの…?






今更、私1人で何かするのは、

無理なのだ。





私には頭脳が足りない。





だから、楓が必要で…











私には、無理だ…

















東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ハッ!!
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
昔の夢か…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
あれから…何があったんだっけな…





あれからあったことなんか、

ろくでもないから、

よく覚えていないが、

楓が言ったことは覚えている。






私が、どうしたらいいのか分からなくなり、

自暴自棄になりかけたときに…







楓  (かえで)
楓 (かえで)
出来る、出来ないじゃなくて、やれ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
行動に移せ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
…って言ったかな〜‪w
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
楓ッ!
楓  (かえで)
楓 (かえで)
えっ?何?
私のことが恋しくなっちゃった?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そんなこと言ってねぇ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
嘘つけ〜!ツンデレちゃん♡
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
ぶっ○すぞ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
え〜?楓ちゃん泣いちゃうよ?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
好きにしろ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
は〜い…
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
楓  (かえで)
楓 (かえで)
…………
楓  (かえで)
楓 (かえで)
でもさ、あの時何を考えて、
全部蘭に任せたのかね?
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
知らない
楓  (かえで)
楓 (かえで)
そうなんだよね〜、私にも分からない
楓  (かえで)
楓 (かえで)
でも、ここ最近思いついてさ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
何を?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
蘭に任せた理由を
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
何なの?
楓  (かえで)
楓 (かえで)
当主になる為の
試練なんじゃないかな〜と思って
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
は?じゃあ楓はどうすんのさ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
私は“お父さん”の子供じゃないもん
楓  (かえで)
楓 (かえで)
当主は継げないでしょ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
でも…それは…
楓  (かえで)
楓 (かえで)
何とかならないでしょ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
そもそも当主は、
1人しかいないんだから
楓  (かえで)
楓 (かえで)
その時にどっちを選ぶかってなってら、どう考えても蘭でしょ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
…………
楓  (かえで)
楓 (かえで)
それに私は内部の人間
楓  (かえで)
楓 (かえで)
当主になっても
外に出ることは出来ないからさ
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
……………
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
やっぱ分かんない
楓  (かえで)
楓 (かえで)
分かんなくていいよ
楓  (かえで)
楓 (かえで)
そのうち、分かる時がくるから
東雲 蘭  (しののめ らん)
東雲 蘭 (しののめ らん)
そっか…




私達は、そういう微妙な関係なのだ。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


作者のアカリ
作者のアカリ
ちょっと番外編長くなりすぎました‪w
作者のアカリ
作者のアカリ
次から本編に戻り、あなたさんと
紫耀くんの話し合いから入ります!
作者のアカリ
作者のアカリ
じゃあ、またね☺️