無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

71
2021/09/28

第7話

6話 死者のホテル
天国
どう?綺麗でしょ?
春野 桃華
はい。とても綺麗です。
天国は…死者が来る場所のはずなのに…
キラキラと輝いていて賑やかな雰囲気だった
あ!あそこだよ!
春野 桃華
大きいですね…
でしょ?
だって死者が泊まるホテルだよ?
春野 桃華
まぁそうですよね…
未練があって現世に住む場所がない幽霊なんて何人も…いや何万人もいるはず…
だからこんなに大きいんだ
じゃあ入ろ!
春野 桃華
はい。ニコッ
受付の方
いらっしゃいませ
2名で!
受付の方
予約はされていますか?
してません!
受付の方
分かりました。
ご案内します。
予約してないのに入れるなんて…
すごい大きいんだな…
受付の方
こちらです。
ありがとうございます!
春野 桃華
あ、あの…
春野 桃華
お金とかは…?
何言ってるの?ここは天国だよ?
お金なんてもの存在しないよ
春野 桃華
そうですか…
まぁ一応お金の代わりはあるよ
春野 桃華
それはなんですか?
たましい
春野 桃華
…え?
殺しはしないよ?
ただちょっとしたお仕事
桃華ちゃんみたいに現世で亡くなった人を成仏させることでその人の魂が手に入るんだ
まぁ死んでるけど…
それはここ天国では貴重品だからね
春野 桃華
なるほど…
春野 桃華
ではここに泊まるには魂が必要では…?
ホテルは大丈夫だよ!
だってタダだもん~
春野 桃華
なんか悪いことしてる気分です…
まぁそうだよね。
今まででタダでホテル泊まったことある?
春野 桃華
ないです
でしょ?
天国にとってはそれが普通なんだよ
春野 桃華
そうなんですね…
さ!もう寝よ!
春野 桃華
そうですね。
おやすみ~!
春野 桃華
おやすみなさい。