無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

お化け屋敷 ほくきょも編
2,996
2022/02/19 15:35



どうも。松村北斗です。



今日はこーちとジェシーの通称『ゆごジェ』カップルと俺と京本でダブルデートしに遊園地に来てます!



それで今、ジェシーが行きたい!って言ったお化け屋敷にいるんだけど…。











まじ怖かわええ。←しっかりしろよ彼氏


お化け屋敷まじ怖いんだけど。彼女まじ可愛いの。


え、ほんとどうすればいい?←知らんて



オバケ「ブゥワァァァァァァァ!!!!」←驚かし方の癖よ


京本「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


ギュッ


松村「んぇ?!え、大我?」


京本「うぅ〜…。ほく、おれもうむりぃ…。」




ふんぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅ?!?!?!?!←


まってまってまってまってまってまってまってまってまってまってまってまって←誰も置いてってない


ね?もう…ね?分かるでしょ?半泣きだし、抱きつきながらだから必然的に上目遣いだし?


可愛い以外になにがあるんだよほんと…。



松村「大我?あとちょっとだから、ね?ちょっと頑張ろ?」


京本「あ…う…。」


松村「できそう?無理なら出るけど…」


京本「手……


松村「ん?」


京本「手…ぎゅってしてくれたら頑張れる気がする…。」


松村「いくらでも繋ぐよ。大我となら。」


京本「あーもうっ!!北斗好きぃぃぃぃ!!!!」



オバケさん(え、どうしよう出るタイミング見失った…。)←うちのきょもほくがすみません




➖無事帰還➖



京本「はぁぁぁ!!やっぱ怖かった〜!!!」


松村「大我半泣きだったもんね笑」


京本「だってあんな怖いって聞いてないもん!!完全に油断してた…。」


松村「俺は入れてよかったな〜?」


京本「えっ!なんでよ!!」


松村「大我の可愛い姿いっぱい見ちゃったし?まあ、ほんとならオバケ役の方々にも見せたくなかったんだけど…。」


京本「はっ!重っ!!笑」


松村「俺の愛は重いですよ〜!だからこれからも覚悟してよ?」


京本「どんと来いっ!!!」






幸せそうなカップルでしょ?ゆごジェもなかなかだけどね〜、俺らのラブラブには敵わないよ!