無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第31話

いっつぁしょーたいっ!
1,021
2021/12/30 16:05



『まもなく、イルカ達のショーが始まります!場所は〜〜』






きょもゆごじゅり『イルカっ!!!!!』






ほくじぇしん『かわいっ!!!!!』←黙れそ?






京本「ほく!行く!イルカっ!」←おめめキラッキラ






松村「うんうん行こうねぇぇぇ」←デロッデロかよ






ジェシー「優吾イルカ行こ〜!!!」






髙地「行く行くっ!ショー見に行く!」←平和すぎて愛おしい






田中「、、、行こ」←抱き合った状態でそれはきゅんの致死量だよ?






森本「んふふふ。樹かぁわいー!このまんま行く?」←シンプルに馬鹿?






ジェシー「楽しそうねぇ」←






髙地「ほら。恋はもくもくって言うじゃん」←






松村「盲目な。あれは度が過ぎるけど。」←






京本「早く!!いい席埋まっちゃうでしょー!!!」←イルカショーガチ勢おった






松村「はぁい♡」←きょもガチ勢おった






髙地「あいつ今日やけにテンション高いよな」






ジェシー「楽しいんだよ。大我とちゃんとデートできて。」






ゆごジェ『よかったねぇ、、、』←誰か白鳩飛ばしてぇ!









― 着席 ―






京本「真ん中取れたっ!」←前に行きたいけど濡れるのはガチで嫌だから真ん中で嬉しい






松村「ここ濡れないよね、、、ほんとに濡れないよね、、、?」←絶対濡れたくないんですね






ジェシー「もっと前でも良かったのに〜!!」←逆に濡れたい人






髙地「いや、ここが1番よ。ここが1番。」←濡れて着替えんのとかめんどくせぇって思ってる人






田中「、、、、、、」←必死で恐怖と戦っている人






森本「、、、樹。怖いならやめよ?」






田中「イルカは見たいのっ、、、こんなでかいと思わなかっただけでイルカは好きなのっ、、、」






松村「圧倒的予習不足」←言ったるな






京本「大丈夫だよ樹。そんなに近く来ないからね。」






田中「ほんと?ほんとに来ない?ほんとに?」←信じてやれよ






森本「来たら俺が守るから。ね?大丈夫大丈夫」






田中「、、、頑張る。まじで本気出す」←本気出すタイミング間違ってますよ






『はぁい皆さんこんにちは〜!!イルカショーへようこそ!』

















ー 終了 ー






スト『、、、、、、、、、、、、』←






松村「普通あんな飛ばすか?」←飛ばすんです






髙地「ビシャビシャとかじゃねぇ。ぐっちょぐちょ」←






京本「まじそれな」←






田中「濡れすぎてぴえん」←






森本「水浴びすぎてぱおん」←






ジェシー「1周回ってsukipi」←どう回ったそうなんだよ






森本「これ絶対乾かなくない?無理くない?」






松村「絶対乾かないね。どうするよ。」






京本「お、お土産見たかったんだけどさ、これだとさすがにダメだよね、、、」






髙地「まだ日が出てるし、外のペンギンとか見といてある程度乾いたらお土産見て帰るってのはどう?」






田中「いーじゃんそれ!」






森本「こーちナイスアイデア〜!」






松村「さすがこーちたまにはいいこと言うじゃん」←






京本「まぐれだとしてもこーちにしてはいい案浮かんだのすごいと思うよ」←上から目線極めてるね?!






ジェシー「さすが優吾!よっ!日本一っ!愛してるよぉぉぉ!!!」←1人だけ愛の重さが異常なのよ






田中「じゃあペンギン行くよ〜」






スト-田中「はぁい」←幼稚園の遠足かな?
















ー なんやかんやあって ー






田中「いやぁお土産結構買ったね〜」






森本「ちょ、北斗大丈夫?!車まで半分持とうか?、」←優男1






松村「いやっ、だい、じょうぶ!いけるっ!」←どんだけ買ったんだよ






ジェシー「いや、危ないもん持つよ。貸して。ほら。」←優男2






京本「なんか、ごめんね。買いすぎた」←元凶はお前か






ゆごじゅり『うちの彼氏優しっ、、、かっこよ、、、』






京本「災い転じて福となすって感じじゃん」←反省はしなさい?






森本「はいおっけー!みんな乗ってよー!」






スト-モリ『うぃー』←









この後、帰りの車で疲れきった彼女陣が爆睡し、彼氏陣による撮影会が行われたのは言うまでもない。