無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

お化け屋敷 ジェゆご編
2,174
2022/02/19 15:35




髙地「ねぇジェシー。やっぱやめようよ。俺、怖いの無理なの知ってるじゃんか…。」


こんなに可愛く目を潤ませながら俺を見て「行きたくない」と駄々をこねる俺の彼女の行動は果たして確信犯なのか…?


だとしてもやめてやんない!俺、樹に聞いたもん。『カップルで遊園地に行くならお化け屋敷はマスト!!怖がる彼女を守る姿に彼女は惚れる。絶対惚れる。お前、こーちを惚れ直させたいだろ?こーちの怖がってる顔、可愛いと思うだろ?可愛い顔見たいだろ?』って←そいつ今君たちのストーカーだけどな


ジェシー「いーじゃん!絶対楽しいから!!ほんとに無理だったらリタイアできるしさ?」


髙地「…リタイアは絶対やだ。」


ジェシー「あら、男こーちの負けず嫌い発動?でも泣かずに最後まで行けるかな〜?」


髙地「は?お前見とけよ。こんなの余裕で最後まで行ってやるし。」


ジェシー「HAHAHAHAHAHA!!! 」


スタッフ「お次の方どうぞ〜!」


ゆごジェ『はーい!』












オバケ「ぐおぉおぉおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」←このお化け屋敷には癖しかない


髙地「うぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」


ジェシー「うわぁぁぁぁぁぁッHAHAHAHAHAHA!」←


髙地「ジェスっ!もういやぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」


ジェシー「あぁぁぁぁぁHAHAHAHAHAHA!!!」←


髙地「いやぁぁぁあぁぁああぁぁぁぁあぁぁあぁぁぁぁあ!!!」←号泣


ジェシー「えっ?!?!ちょ、優吾おいで!!」


髙地「じぇ、ジェシぃぃぃぃぃいいぃぃいぃぃぃぃぃいいぃぃ!!!」


ギューッ


ジェシー「はいぎゅー!!ごめんね。怖かったね。もうすぐだからすぐ出ようね。」


髙地「うぅぅ…」


オバケさん(え、あ、なんか手応え感じてたけど手応えありすぎて…。とりまリア充いいなぁ…。)←ごめんねオバケさん







➖無事帰還➖




ジェシー「HAHAHA!!こーちめっちゃ泣いてんじゃん!!」


髙地「うっせばーか!!お前がお化け屋敷行こうなんて言うからこんなことになってんじゃねえか!グスッ」


ジェシー「ごめんって!でも怖くて泣いちゃう優吾可愛かったよ?」


髙地「さっきもだけどさ、不意な優吾呼びやめろよなっ!!なんかこう…気持ち悪いんだよ!呼び方統一しろよ!」


ジェシー「え?じゃあずっとこーちでいいの?ニヤッ」


髙地「え…。」


ジェシー「これもやなの?じゃあなんて呼んでほしい?」


髙地「ゆ、優吾がいい…


ジェシー「ん?よく聞こえないなぁ?もっかい言ってみ?ニヤニヤ」


髙地「優吾がいい!!!」


ジェシー「可愛い♡優吾大好き!!」


ギューッ


髙地「わっ!バカお前外だぞ!!あと、早く北斗達探すぞ!!」


ジェシー「ちぇ〜!じゃあ帰ったらいっぱいイチャイチャしようね?」


髙地「い、いっぱいはちょっと…なんというか、恥ずかしいというか…」


ジェシー「よしっ!じゃあ北斗と大我探すぞ〜!!!」


髙地「って聞けよ!!!!」←