第8話

🌹7話🌹
503
2021/01/10 10:19
あなたsaid


気持ち悪い。

学校で、もう帰るとしている時に、急にきた。

吐き気。

ヤバイ。薬、家だ。


トイレに行って、決して良くなるわけでもないけれど出る限り吐きまくった。



家に帰るなり玄関で吐いて、声を聞いたお母さんが泣きながら重たいであろう私を一生懸命部屋まで連れて行ってくれた。



お父さんも、帰って来るなり、お医者さんから貰った対処法を頼りに買い物時行ってしまった。

高校に入ってからは、そんなに悪くならなかったため、油断していた。


だるい、気持ち悪い。



翌日も、立つことがままならない私を見て、泣きながら仕事に行った親を見て、
申し訳なさで埋め尽くされた。

寂しいな。



2階建ての家で一人。




大きいから尚更、寂しいと思ってしまう。



お腹空いた。

昨日から吐きまくってるせいで、まともにご飯も食べられてない。

昨日、お父さんがおいていった対処法の紙も勉強机の上にある。



歩けないから取れない。



そういえば昨日、狐爪さんが来てくれたよね。

驚いていた気がする。





なんか言ってから帰ってしまってた気もする。


あー、なんだっけ、昨日と違って、寝返りくらいは打てるようになった。


歩けるまでは、あとちょっとって感じかなぁ?





学校行きたい。


それで、もう一回聞くんだ狐爪さんに、


appleさんですか?って、でも、ホントに昨日、何言ってたのだろう。




俺が


までは聞き取れた気がする。



その先がわからない。


なんて言ってた?


俺が、えーっと


なんたら、だよ



みたいな感じ?





忘れた。










いやでも、よくあの状況で、ここまで聞き取れたと思う


凄くない?






学校行きたいな。


あなた『そうだ、』




ゲームの中だったら、聞けるかな。


違ったら、謝ろう。


んで、はやく直して、学校行って、聞こう。
Cherry Blossoms
Cherry Blossoms
話をしてもいいですか?お話したいです。
震える手で、文字を打った。






気づいてくれるかな。








薬を飲んだせいか、そこで意識を失った。

プリ小説オーディオドラマ