無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

392
2020/12/27

第5話

🌹4話🌹
あなたside





あなた『appleさん?』


確証はないけれど、声が似ていた。それだけだけど、気になった。


黒尾「研磨の知り合い?」

狐爪「クラスの子。」

ここの時点で、多分私の回答は不正解。



あなた『すみません。勘違いでした。気にしないで下さい』


黒尾「えぇ、あっじゃあ、行こっか、研磨」

狐爪「うん。またね桜庭さん。」


あなた『っああ、うん。部活頑張ってね。』


なにも言わず後ろを向いて教室から出て行った。




勘違いだった。

声が似てる人なんて沢山いるしな。


勘違い。






はっず!





まあ、リンゴってよりは、プリンが好きそう。







気にしないで勉強しよう。





研磨side






俺のこと知ってる子かな。

でも、appleさんって、






まさか、やっぱり、桜庭さんがCherryBlossoms?






ごめんなさい、短い!

次は、もっと長いよ!